あったかいなはん! イーハトーブの冬③

冬のイーハトーブは初めて。
f0135222_2041411.jpg
雪景色も期待していたのですが、暖冬でせっかく買った毛糸の帽子も出番がありませんでした。そして、どこに行っても皆さん温かくておしゃべりが止まらず・・・時間を忘れるようでした。(実際、時を忘れてバスに乗り遅れたり新幹線に飛び乗ったり・笑)f0135222_20422356.jpg
観光客が少ない時期なので、展示もゆっくり見て、説明もじっくり聞けて、よかったです。宮沢賢治記念館では、企画展「北上川と賢治」が始まったばかり。北上川を歌った、賢治の歌が展示されています。また、イーハトーブ館では、高村光太郎の展示を行っていました。以前、太田村の高村山荘にも行きましたが、地元の方々が光太郎をとても大切にしていると感じました。
そういえば、やはり以前訪れた盛岡の啄木の新婚時代の家でもそう感じましたっけ。岩手県の人は、「人」を大切にする・・・人ばかりでなく動物も自然も、命あるものをとても大切にしているように思います。岩手県のキャッチコピー、「黄金の國、いわて。」の心はこれなのでしょうか。
今回、宿泊した旅館のおかみさんに「あなたは何をしに来たの?」と聞かれ、答えたところ「じゃあ、あなたは本の使者なのね!」と言われました。(笑)そんな大げさなことではないのですが、その「使者」というお役目、気に入りました!そうです、私は本のお使いなのです!(笑)
f0135222_20443831.jpg自分が楽しく本を読み、それが皆さんに伝わって、皆さんが本を読みたくなる・・・そんなためのお使いなのです。なんて・・・かっこよすぎですが(笑)、自分が好きでこんなことができること、それを喜んでくれる方々がいることをとても幸せに思います。そんな思いを抱きながらイーハトーブを後にしたのですが・・・旅はまだまだ続きます。京都に帰る途中の寄り道も楽しかったので、次回ご報告しますね。
[PR]
by kira_hoshi | 2009-02-12 20:46 | 希望郷いわて
<< 松居直さん講演会 鬼をたずねて イーハトーブの冬② >>