掛川、御前崎に行ってきました。

静岡に行ってきました。
元々12日出発だったのですが、その前日に駿河湾を震源とする地震が起き、びっくりしました。
新幹線も大幅に遅れていたので、翌日の影響が心配でしたが、無事、予定通りに掛川駅に到着!
まずは、おなじみの掛川市立大東図書館のおはなし会に伺いました。前日は、断水になった地域があり大変だったそうなのですが、この日はみなさん少しほっとしておられるご様子。本の世界を楽しんで頂けたでしょうか?
f0135222_23584270.jpgそしてそのままバスに乗り、御前崎市へ!実は、先月から御前崎市では「灯台村塾(とうだいそんじゅく)」という、こどもたちのための講座が開かれているのです。例えば、絵を描く「快画村」とか理科の実験をいっぱいしてみる「理科実験村」、ネイティブ講師から学ぶ「英語村」・・・などなど楽しそうな村がい~っぱい!その中に「朗読表現村」があって、SBSの先輩・上藤美紀代さんと一緒に担当させて頂くことになったのです。参加者は、小中学生女子13人と興味のある先生方。
青い海と白い灯台、アカウミガメが産卵にやってくる御前崎のこどもたちは、ちょっとシャイでとっても素直で意欲満々のこどもたち。1日目の昼には、もうすっかり打ちとけて大人をからかったり、びっくりさせたり・・・とても天真爛漫でした。
私は、小学生チームと過ごす時間が長かったのですが、2日間のみんなの変わりようにはびっくり~!初めは声が小さく伏目勝ちだったのに、2日間の講座が終わる頃には、声も表情も堂々として自分の思いを人に伝えることができるようになっていたのです。たった2日で、何が起きたのでしょう?(教えて~!)みんなの成長ぶりに、私もがんばらなくちゃと学ばせてもらいました。
この講座は、私にとっても塾だったような気がします。とても楽しく、とても勉強になりました。
「灯台村塾」は、来週「英語村」があって19日に閉村式。式では、朗読表現村のこどもたちは全員で詩を発表します。人前で声を出すことが、またこどもたちにとって良い体験になりそうです。

f0135222_23592225.jpg丸2日、こどもたちとずっとインドア(笑)だったので、観光する時間がなかったのですが、灯台と海はしっかり見てきました。海はやっぱりいいですね~!きっと私の前世はおサカナだったに違いない・・・いや、アカウミガメかな???
御前崎市では、11日の地震で屋根瓦が落ちたり、グラウンドに亀裂が入ったりという被害がありました。まだ余震もありましたが、みんなと一緒にいると楽しくて、夢中になって時間を過ごしていたので、その間地震のことはどこかへ行ってしまっていました。こどもたちにとっても、そんな時間になっていればうれしいのですが・・・。
そうして、このまま地震がすっかり収まりますよう願っています。
[PR]
by kira_hoshi | 2009-08-14 23:49 | こどもたち
<< 今年も送り火を見ました。 京丹後市峰山町の伝説「さんねも... >>