尺八、岩本さんの演奏会

知りませんでした。こんな立派な建物が京都市左京区岩倉の住宅地の中にあるなんて・・・。f0135222_23524266.jpg
滋賀県の余呉町にあった築160年の古民家を移築したのだそうです。
銅板がかぶせてありますが、屋根は茅葺。中に入ると、太い梁と囲炉裏が別世界に連れて行ってくれます。箱階段を登って上に上ると、屋根裏部屋があります。その昔は蚕を飼うための場所だったそうですが、今は居心地の良いロフトになっていました。
この家の土間に、岩本さんの尺八の音色がよく響きました。やはり、土や木の家には竹の音色はぴったりです。そして、ガラス作家の東ユキヤスさんの作品が彩りを添えていて、不思議な空間を創っていました。
私はといえば、天井が高く空間が広いので、声が吸われていくような気がして、結構必死になって朗読していました。また、竹取物語など必死にならざるを得ないプログラムだったので、ほんとに必死でした(笑)。
いつもいつも・・・必死です。でも、それでいいです。一回、一回、初めての方との出会いですから。何回読んでも慣れきることなく、いつも初めての気持ちを大切にしたいです。
岩本さんの「巴の宴」、次回12月は箏、琵琶、尺八のユニット那々の登場だそうです。みなさん、ぜひ、別世界を味わいにいらしてください!
[PR]
by kira_hoshi | 2009-09-27 23:55 | 朗読のご報告
<< 「語りの里」プレイベント!中丹... 尺八の演奏会 >>