宮沢賢治の時間 3回目

この秋はなんだか右往左往していて、6年生のところに行くのがすっかり遅くなってしまいました。
「1学期に2度来たの、覚えてる?」と言ったら・・・「し~ん」・・・ほんとに、覚えてない???
でも、先生方がナイスフォロー!教頭先生の「岩手県は四国と同じくらい大きいです」という言葉には、皆、反応していました。(笑)先生方も回を追うごとに興味を持ってくださるようになり、うれしいことです。f0135222_23123642.jpg
さて、気を取り直して、今回は「どんぐりと山猫」。いろんなどんぐりが、皆の頭に中に思い浮かんだでしょうか?
賢治さんの作品には未完成のものがたくさんある、ということが皆の興味を引いたようでした。そういえば、私もこどもの頃、それが不思議でした。未完成なのになぜ本になっているんだろう・・・って。
3年生のところにもおじゃましたのですが、これが大笑いでした。
絵本「ねすごしたサンタクロース」が大うけで・・・。サンタや魔法使いのやりとりに大笑いした後、部分的なリクエストがあって、こんなこと初めて!

最後に「サンタクロースって本当にいるんですか?」と聞かれました。
私、みんなくらいの時にサンタさんから手紙をもらったよ~!とってもうれしかったっけ。
もう1ヶ月ほどでクリスマスですが、みんなのところに来るサンタは、ねすごしたりしませんように・・・。(笑)
[PR]
by kira_hoshi | 2009-11-18 23:16 | 宮沢賢治
<< プレイベント! 「語りの里 お... 第29回近畿高等学校総合文化祭 >>