ことば・こころ・まちを結ぶ「語りの里」について

今日は時間ができたので、「語りの里」のちらし配達に回りました。
ペーパードライバーの私は、もちろん自転車!健康にもエコにもいいですし!同じエコでもエコノミーも・・・(笑)。とにかく予算のきびしい事業なので、体を張って(?)がんばっております。
市内の北の方を中心に2時間で4ヶ所回って帰ってきたら、足がつってしまいました~!(笑)。まずい・・・この頃忙しくて運動していないので、こんなことに~!(泣)。今後の自分の健康のためにも、やはり自転車配達ははずせません・・・。足がつりながらも、道々、銀杏並木や比叡山の美しさに目を留め、遅ればせながら京都の秋を感じておりました。

ここで改めて、ことば・こころ・まちを結ぶ「語りの里」についてお知らせしますね。f0135222_1834299.jpg
これは、2年後の国民文化祭・京都における「京都ならでは事業」として、企画しました。一般の皆さんに参加して頂く「語り」の会で、来年3月~再来年の春まで京都府内5ヶ所で開催されます。f0135222_17545876.jpg
昨年、「京都ならでは事業」に応募し、プレゼンテーションをさせて頂いた時点では、まだまだ夢のようなお話でした。でも、それが皆さんの協力や支援を頂きながら、もう出演者募集をするところまで来ました。
すでに出演エントリーも頂いていて、いよいよ本番という気持ちも高まってきました。
f0135222_18234938.jpg
第1弾は京都市会場の四条京町家。続いて南丹会場の合羽家、中丹の治水記念館、山城の澤井家住宅、そして丹後の旧尾藤家住宅と続きます。
f0135222_1841046.jpg会場は、それぞれの地域の大切な宝物になっている「家」です。歴史や物語があり、人を優しく包み込んでくれるような家です。そしてそんな場所で、朗読・読み聞かせ・語りなど、皆さんの普段の活動を発表して頂きたいと思っています。もちろん、地域の歴史や文化についてのお話を、地元の方にして頂く時間もあります。改めて、各地域のことを知るきっかけになるかもしれません。f0135222_1842734.jpg

何より、「語り」を通じて、人と人、町と町が交流する・・・こどもから大人まで一緒に交流することを楽しめたらすてきだな、と思っています。
さあ、どんな展開になっていくのでしょう?ドキドキしてきました。
大雑把なスケジュールだけ記しておきます。詳しくは「語りの里」のブログ(ここをクリック)をご覧ください。

ことば・こころ・まちを結ぶ「語りの里」
第1弾 平成22年3月28日(日) 京都市会場 「四条京町家」 *出演エントリー受付中!
第2弾 平成22年5月 1日(土) 南丹会場  「合羽家」    *出演エントリー受付中!
第3弾 平成22年10月      中丹会場  「治水記念館」
第4弾 平成23年 4月      山城会場  「澤井家住宅」
第5弾 平成23年 春       丹後会場  「旧尾藤家住宅」
    
[PR]
by kira_hoshi | 2009-12-04 18:09 | 国民文化祭/その後
<< 舟屋の里、伊根町に行ってきました! 富士山の裾野に行ってきました! >>