四条京町家、「町家で過ごすお正月」

連休中、四条京町家(京都市伝統産業振興館)ではお正月イベントが行われていました。f0135222_026628.jpg
毎年のことですが、今年もおもちを食べに・・・いえいえおもちつきのお手伝いに(笑)行ってきました。
実は、京都の皆さんはご存知かと思いますが、四条京町家は今年3月で閉館となるのです。ですから、最後のおもちつきとなった今年は、町家を管理する京都伝統産業青年会の皆さんがひときわ楽しんでいるように感じました。
お客さんも、たくさんお越しでした。こどもから大人まで、外国の方も、おもちつきを体験し、つきたてのおもちをほうばっておられました。もちろん私もたくさん頂き、おなかいっぱいになりました。(笑)f0135222_0262563.jpg
私も、この家や伝青の皆さんと、もう丸5年を越えたおつきあいとなるんですね・・・。
京都の伝統産業の職人さんが所属するこの会の皆さんは、それぞれ立派なお仕事をされながら、なんだかこどものように無邪気で純粋で正直なところがあり、お話していて楽しいです。
3月28日(日)の「語りの里」は、伝青の皆さんと共催で、お力をたくさんお借りして行います。四条京町家のフィナーレを盛り上げましょう、と皆さんと意気投合しました。
「語りの里」のスタートが、この家とのお別れになるのは、私個人としてはちょっとせつない気持です。
でも、多くの方に読むこと、聞くこと、を楽しんで頂き、家に喜んでもらえるよう・・・力を尽くします!
「語りの里」は、皆さんに朗読・読み聞かせ・語りなどで出演して頂く催しです。京都市会場エントリーについては、「語りの里」ブログ(ここをクリック)京都市会場のカテゴリをご覧ください。
[PR]
by kira_hoshi | 2010-01-12 00:27 | 京都
<< 「子どもの水辺」交流会in京都... 初詣はゑびすさん!? >>