岩手と京都

この夏、京都で、いわて平泉観光キャンペーンがとても盛んに行われています。f0135222_225518100.jpg
清水寺、田村堂に飾られた南部鉄器の風鈴もそのひとつ。猛暑の京都に、とても涼やかな音色を響かせています。8月いっぱい、美しい音色を楽しめますので、お越しの方はぜひ足を止めてくださいね。
清水寺といえば、坂上田村麻呂。その田村麻呂、今の岩手県水沢に蝦夷討伐に出かけ、豪族の長アテルイ、モレと戦いました。そんなご縁から、清水寺の境内には「アテルイ・モレの碑」があります。
何度も訪れている清水寺ですが、今回、はじめて知りました。京都と岩手のご縁がここにもあるのですね。

f0135222_22575211.jpg6日から今日まで、この碑の隣で岩手県大阪事務所の職員さん達が観光キャンペーンをしていました。
暑い盛りの10日間・・・みなさん、日焼けで真っ黒です!(笑)
京都県人会もお手伝いに行き、鴨川納涼に引き続きみなさんでがんばりました。
県人会の及川会長さんがとてもパワフルな方なのですが、このキャンペーン企画・実行にいつも以上に力を尽くしておられました。南部鉄器の風鈴はお客さんにも清水寺さんにも、とてもよろこんで頂けたそうで、よかったです~!
しかし、さすが清水寺・・・。さすが京都・・・。観光客がインターナショナルです。
日本人のお客さんも、かなり幅広くいろいろな府県の方がおられ(岩手県人も・笑)改めて清水寺の人気に気がつきました。岩手県にとっては、世界の人にPRするよい機会だったかも。
世界のみなさん、ぜひ、岩手県に遊びに来てください~!!

そして今夜は、五山の送り火・・・。f0135222_22594590.jpg
いつもと同じ場所で眺めました。
毎年変らず、心穏やかに眺めることができるのは幸せなことですね。
そろそろ・・・猛暑も終わり(になってほしい!)です。(笑)
[PR]
by kira_hoshi | 2010-08-16 23:00 | 希望郷いわて
<< 8/11 静岡県掛川市立大東図... 「イーハトーブのおはなし会」楽... >>