四条京町家「朗読お茶会」vol.52、久しぶりです~!

23日、「朗読お茶会」を久しぶりに行いました。
プログラムは「グスコーブドリの伝記」(宮沢賢治)。
どうも最後の2ページに弱くて・・・。正気を保てるか心配でした。
そして本番・・・やはりだめでした。どうも淡々とは読めません。
ラストに向かう一言一言が琴線に響き、こみ上げてしまいました。
お越しの皆様、本当に失礼いたしました。
f0135222_23535820.jpg

今回は気持ちよく声が響き、自分がオルゴールになったような気がしました。(笑)
こどもの頃持っていた、木の箱のオルゴール・・・響きが好きで、いつまでも聴いていましたっけ・・・。きっと、町家のお座敷が上手に声を反響させてくれるのですね。

思えば、ちょうど6年前に「朗読お茶会」は始まったのです。f0135222_23541917.jpg
会場の四条京町家は、今年6月に100歳を迎え、同時にNPO法人として新しく生まれ変わりました。でも変らず、「朗読お茶会」をさせて頂けることは、とてもうれしいことです。
今回、小嶋あかねさん(宇治香園)のご協力でおいしいお茶を淹れて頂くことになり、みなさんにほっこりして頂きました。

これからも不定期になりますが、「朗読お茶会」を行いたいと思います。
みなさんの温かいご協力を頂き、続けさせて頂いていることに感謝しながら・・・。
[PR]
by kira_hoshi | 2010-09-25 23:52 | 朗読のご報告
<< 9/28 ほっとna朗読会 (... 宮沢賢治七十八回忌 >>