宮沢賢治の時間 3回目

先日、6年生のところに行ってきました!
夏休み中に、皆、よく日焼けして背も大きくなったようです。
(私、自分がどんどん小さくなっていくような気がする・・・泣)
今回は、今まで撮った岩手の写真をプロジェクターで映して、皆に見てもらいました。f0135222_20374288.jpg
特に、今年行ったばかりの岩手山登山の写真。ミズナラの森、噴煙立ち昇る噴火口、湿原・・・と様々な大自然の姿を、ぜひ見せたかったのです。
その上で、「気のいい火山弾」を、途中省略して読みました。「火山弾」って耳で聞くだけでは想像つかないでしょうけど、岩手山の写真から少しは想像力を働かせることができたでしょうか?
今、何とはわからなくても、いつかどこかで何かにつながって行きますように・・・。
そう願いながら、毎回読んでいます。

2年生にも会いました。1年生の時、伊根町の浦嶋神社に伝わる浦嶋の話をしたことを覚えていてくれました。今年は、浦嶋神社のパンフに載っている玉手箱の写真を持って行ったら大喜びでした。(笑)このようにして、昔話は現代へと夢を伝えてくれるんですよね。今回も京都の昔話や外国の昔話を読みました。なんだか、昔話には国境がないような気がします。こどもたちの顔を見ながら、昔話ってすてきだな・・・と思いました。
[PR]
by kira_hoshi | 2010-09-30 20:41 | 宮沢賢治
<< 宮澤賢治の童話がたり 9/28 ほっとna朗読会 (... >>