宮澤賢治の童話がたり

よい季節になりましたね。
あの猛暑がうそのよう・・・。
生き返った心地です。(笑)
雲の形や夕焼けに、秋を感じる今日この頃・・・先日、南部の曲家で一日過ごしてきました。といっても、岩手ではなく・・・大阪???
f0135222_19175138.jpg

今年も、大阪府豊中市の日本民家集落博物館の「宮澤賢治の童話がたり」にお呼ばれしたのです!
去年の秋、民家まつりの時に、囲炉裏端で賢治さんを読ませて頂いたのですが、今年は先月から開催されている日本民家博物館の岩手フェアの一環で、おじゃまさせて頂きました。
今年はチェロの三宅かおりさんも一緒。曲家の囲炉裏端に舞台が・・・。陶芸の会の皆さんの展示が、土間をとても居心地よくしてくださっていました。
f0135222_19185641.jpg

この曲家(旧藤原家住宅)は、昭和39年に移築されたものです。18世紀前半の建築と推定され、大阪府指定有形文化財になっています。曲家の暮らしは馬との暮らし。母屋に馬屋がL字型に付けられています。馬を飼っていた土間はとても広く、声や音色がどんなふうに響くか心配でしたが、木の床や土の壁がほどよく音を受け止めほわっと反響させてくれるので、とても気持ちよかったです。いつものことながら、かおりちゃんのチェロの音色で、「注文の多い料理店」は怖くて面白くて(笑)・・・本当に楽しかったです。たくさんの皆さんにお越し頂き、ありがとうございました!!

日本民家集落博物館には、白川の合掌造りの家、日向椎葉の民家、信濃秋山の民家など重要文化財の民家があります。広い敷地にバラバラに建っており、各民家を訪ねる道もザクロやコスモスを見ながら・・・雰囲気たっぷりです。こんな都会の真ん中にあるのに、竹林や広葉樹で囲まれているので、高い建物は何も見えないのです。まさに、都会のオアシス・・・。
今年は岩手フェアということで、11月~12月まで企画展「岩手県・南部地方の民家と暮らし」や連続講座が行われます。
また、11月20日(土)には、今年も「民家まつり」が行われます。この日は、本当ににぎやかですよ~!秋のお出かけの予定に、ぜひ民家集落博物館、入れてくださいね~!
[PR]
by kira_hoshi | 2010-10-06 19:26 | 宮沢賢治
<< 10/10 秦家 親子おはなし... 宮沢賢治の時間 3回目 >>