「朗読お茶会」が雪婆んごを呼んだ???

話が前後しますが、全国女子駅伝の前日は四条京町家「朗読お茶会」VOL.53でした。
f0135222_1545353.jpg

9月に再開した時から、小嶋あかねさんに宇治香園のおいしいお茶をいれて頂くようになり、本格的な「朗読・お茶会」に生まれ変わりました!

~雪をテーマに3つの物語~ということで、「雪国」(川端康成)「雪の夜の話」(太宰治)「水仙月の四日」(宮沢賢治)というプログラム。
「雪国」は、声に出しながら場面が頭に浮かんできて、読み終わった時には雪に埋もれている気分でした。(笑)
そして「雪の夜の話」。少女の語りとやりとりがおもしろくて、笑いそうになってしまうのですが、お客さんは真剣に聞いてくださっていました。
ここでちょっとひとやすみ。玄米茶「雪宿(ゆきやど)」の芳ばしい香りと味を楽しみました。雪の話に「雪宿」なんて・・・ぴったり~!ちなみに、ウェルカム茶の「京番茶」は、少しスモーキーだけどほんのり甘みがありました。小嶋さん、ありがとう~!
そして、綿雪みたいな玄米を見ながら・・・「水仙月の四日」です。雪わらすや雪狼(ゆきおいの)雪婆んごが出てくる物語。今ごろ、花巻は雪だろうなあ・・・と思いながら読んでいたので、雪婆んごを呼んでしまったのでしょうか???翌日の駅伝、ほんとにすごいお天気でした・・・。

ところで、雪の季節だからこそ、花巻ではすてきなことがたくさんあります。
2月11日は、わんこそば全日本大会!そして2月18日~3月3日は、大迫(おおはさま)のひな祭りです。実は去年おじゃましたのですが、とってもよかった!(去年の3月をご覧ください)
f0135222_15465997.jpg

蚕を育てていた大迫は、京都とつながっていて、昔の京都のお雛様が家々にたくさん残っているんです。享保雛などの年代ものもありますが、何よりず~っと代々お雛様を大切にしていること、昔からお雛様をご近所に披露して皆でお祝いする風習があることが、とってもすてきだなあ・・・と思いました!
また、行きたいなあ・・・花巻。(ホームシック・泣)
ところで、バタバタしてご報告がすっかり遅くなりましたが、昨年、花巻市より「花巻イーハトーブ大使」を委嘱されました。小さな私、何も力はないのですが、自分にできることをしながら、花巻のすてきなところを皆さんにお伝えしたいと思います。
今後とも、どうかよろしくお願いいたします!!
[PR]
by kira_hoshi | 2011-01-20 15:52 | 朗読のご報告
<< 「鈴木哲雄詩集」 全国都道府県対抗女子駅伝 >>