京都岩手県人会

今日、京都岩手県人会による街頭募金活動に参加しました。
午前中だけしかお手伝いできなかったのですが、その間に、なんと多くの方々が募金にご協力くださったことか・・・。この震災に心を痛めて何かしなければ、という方々がたくさんいらっしゃるのですね。「岩手に住んでいた」とか「岩手に知り合いがいる」と声をかけてくださる方もいらっしゃいましたし、「福島から避難してきた」という方は「テレビの映像よりももっと大変。とても言葉にできない。」とおっしゃっていました。

午後から「朗読お茶会」があり、四条京町家に向かいました。
いつもと同じように、町家の空気に包まれて朗読することで、心が落ち着くはずでした。
でも、読み終わっても心がざわざわしておりました。今回のプログラム「雛」(芥川龍之介)は、「見世」や「土蔵」が出てきて町家にぴったりな物語だったのに、皆さんにうまくお伝えできたかどうか・・・。また、高村光太郎の「智恵子抄」は、光太郎が智恵子に宛てたラブレター詩を選んだつもりだったのに、皆さんの前で声に出してみると、心のスイッチが違うところに入ってしまい・・・本当に、未熟な私です。

お客さんにお話し、今回の「朗読お茶会」で頂いた会費は、岩手県人会の募金に寄付させて頂くことにしました。また、岩手県と私のご縁を気にしてくださったお客さんが、袋にいっぱいの小銭を「岩手県に」とくださったり、帰りに岩手県人会の街頭募金に協力してくださった方もいらっしゃいました。温かいお気持ち、本当にありがとうございます。

広域にわたる大震災と思うと、岩手県のことばかり言ってはいけないのですが、私も県人会の仲間に入れて頂いて5年ほどになります。賢治さんのご縁で入会させて頂いて以来、夏の鴨川納涼、冬の女子駅伝・・・楽しい行事に参加しながら皆さんと親しくさせて頂いてきました。また、岩手におじゃまする度、大切な人と場所が増えていき、今はすっかり私のふるさとになっています。そのふるさとが、大きな震災に見舞われるなんて・・・。

京都岩手県人会は、明日も高島屋京都店の前で街頭募金活動をします。
また、大阪では関西岩手県人会が21日と25日に難波で、22日には梅田で街頭募金を行います。ふるさとへの支援を、まず、今できることから・・・。
[PR]
by kira_hoshi | 2011-03-19 23:08 | 希望郷いわて
<< 絆 プロフェッショナル >>