希望郷いわて

40代に近づく頃から、自分のルーツについて考えるようになりました。
それは、川端康成の「雪国」を朗読しながら、雪景色に心ひかれ、何度も何度も朗読会で読むことになったという経験からです。どうしてこんなに心魅かれるのだろう・・・と思ったのですが、それは雪国のDNAのせいでしょう。

私は両親とも雪国新潟の出身で、私自身も新潟で生まれました。その後、小学校2年生くらいまで福島にいて、それから神奈川県に移り実家は今も神奈川です。江の島と海と富士山の見える場所で過ごしながら、雪国の体験は断片的なものになり、新潟のおばあちゃんの家の雪の多さや、小さい頃に行った福島の会津磐梯山・猪苗代湖なども写真だけの思い出となっていました。

でも、「雪国」を朗読しながら、あまりにも鮮明に雪景色が心に浮かんでくるのです。
20代の頃はそんなことなかったのに、40に近づいてなんだか自分の中に流れる東北の血を感じました。もう15年も関西に住んでいるのに、どうも関西弁はちっともしゃべれず、年を経るにつれて東北の言葉のイントネーションに懐かしさを感じるようになっています。小さい頃の記憶って不思議なものですね。
また、岩手の皆さんとのお付き合いしながら、真面目で頑固な東北人気質にひかれますし、うそのない正直さに居心地の良さを感じています。私の亡き父もそんな人で、若い頃はずいぶん父とぶつかりましたが、今思えば東北人気質の父が大好きです。
そして私も・・・頑固者かも???それもDNAのせいでしょうか。(笑)

本日、岩手県より「希望郷いわて文化大使」の委嘱状が届きました。
「賢治さんのご縁」と思い、恐れながらお引き受けしてから今年で4年目・・・。
今まで何もお役に立っておりません。でも、今後、岩手の復興を応援したい、何かお役に立ちたい、そんな気持ちで心新たに今年度の委嘱をお受けしました。昨年から花巻市の「花巻イーハトーブ大使」もお引き受けしていますし、微力ながら今後岩手のためにお役に立ちたいです。
岩手県はHPに「いわて復興ネット」のサイトを立ち上げ、復興についてのビジョンを示しています。岩手ばかりでなく、宮城、福島・・・復興に向けてこれから長い道のりになりますね。
「東北のこれから」は、「日本のこれから」となる大事な道のりだと思います。
[PR]
by kira_hoshi | 2011-04-30 18:14 | 希望郷いわて
<< 「語りの里」 4/18 ほっとna朗読会 1... >>