宮沢賢治の時間 1回目

今年も、6年生と賢治作品を楽しみます。
先月、第一回行ってきました。

今年はまず、「セロ弾きのゴーシュ」。
皆の様子を見ながら中ほどのかっこうとタヌキを省略し、20分ほどにしてみました。
やはり、20分くらいがちょうどよいみたいです。絵本だともう少し長くても大丈夫なのですが、「耳で聴く」ことに慣れていないと、長時間はかえって集中が続かなくなります。
おはなしを好きな子もいれば、外で遊ぶ方が好きな子もいますから、大体真ん中辺をとってほどほどに・・・。毎年やりすぎてしまう私なので、今年は「ほどほどに」を心がけたいです。次回は何にしようかな???

f0135222_16273196.jpg5年生には、「葉っぱのフレディ」を聴いてもらいました。いつも5年生にはフレディになってしまうのですが、高学年にぜひ聴いてもらいたい物語ですから・・・。
今年の5年生は、3年生の時にクリスマス絵本で盛り上がって何度もリクエストした・・・あの学年でした。こうして毎年、本を読みながらこどもたちと思い出を積み上げて行けること、とても幸せなことだと思います。
今年もこどもたちと一緒に、本をたくさん楽しみたいと思います。
[PR]
by kira_hoshi | 2011-06-09 16:27 | 宮沢賢治
<< ジョイント・ほっと の朗読会 秦家 親子会、町家を訪ねて水無... >>