秦家親子会「秦家で過ごすお盆のひととき」

f0135222_17451853.jpgなが~い通り庭に、なが~い竹筒・・・。
秦さんが、「通り庭で流しそうめんしよう」と言いだした時は、びっくりしましたが、それもまさかこんなになが~い流しそうめんになるとは・・・(笑)

今回の秦家親子会のテーマは「秦家で過ごすお盆のひととき」。
秦さんが「お盆って知ってる?」とこどもたちに問いかけたら、「大人のお休み」という答えが返ってきて大笑いしました。それから仏さんの話、送り火の話、おしょらいさんのお供えの話を聞くと、だんだんお盆らしい雰囲気に・・・。

秦さんによるとお盆のおやつを「けんずい」と言って、子どもの頃の楽しみだったとか。
その中に、おそうめんがあった、ということから、通り庭の流しそうめんになったわけなんです。
とはいえ、どうしたらいいの?というところに、強力な助っ人が今回参加してくださり、こどもたちは竹筒を割るところから体験することができました。私も、竹の節はどうするの?竹筒のつなぎ目はどうするの?と???だらけだったのですが、こどもたちと一緒に体験して大満足。
結局、2本つなげた竹筒の長さは10メートルちょい。そこに、25人ほどの親子がスタンバイして、皆さん食べること!食べること!!
通り庭に賑やかな声が響き渡りました。

おなかがいっぱいになったら、お盆のお楽しみ「蔵の中でこわ~い話」。f0135222_1746454.jpg
蔵まで行く途中で、すでに泣きだして帰ってしまった子もいましたが(笑)、1話目の「ばけものづかい」は、こわくて面白い絵本でした。
そして、2話目は・・・蔵の扉をぴったり閉めて、電気を消してろうそくの灯りの中はじまりました。そのお話とは・・・ああ、こわかった~!
秦家親子会、9月は「素足でふきそうじ」ですよ~!
おそうじの後は、お月見団子を作るそうです。
くわしくは秦家のHPをご覧ください!
[PR]
by kira_hoshi | 2011-08-18 17:43 | こどもたち
<< ほっとna朗読会(17回目)終... 京都、五山の送り火 >>