秋の岩手の旅①

本当にすみません。10月の初めに岩手におじゃましたこと、落ち着いてからupしようと思っていたら・・・もう今年もあとひと月ではありませんか~!季節はすっかり冬になっていますが、ちょっと時をさかのぼって秋の初めのイーハトーブの様子をお伝えします!

今回おじゃましたのは、岩手県南部、胆江地区の読書ボランティアさんの研修。胆江地区には2年前に、小学校の先生方の研修に伺ったことがあり、そのご縁でお招き頂いたのでした。f0135222_21163445.jpg
そして、ボランティアの皆さんとおはなし会を楽しんだり、朗読をしてみたり・・・とても楽しかったです。
おはなし会の会場は、奥州市水沢の町の大型店の中にある「えほんの森」という場所。小学校の教室3つ分くらいの広い場所に、絵本がい~っぱい!靴を脱いで、板敷きの床にごろんとできるのでくつろげます。お買いものに来て、ちょっと疲れたら絵本コーナーでひとやすみ・・・できるなんてうらやましい。(私、毎日お買いものに来ちゃいそう・笑)こんなすてきな場所、京都にも欲しいです・・・。
ボランティアの皆さんはとても熱心で、続いての朗読研修も熱気にあふれていました。私など、お役に立てたかどうかわかりませんが、後から送って頂いた皆さんのアンケートには、温かい感想がたくさん書いてあったので本当にうれしかったです。f0135222_21165369.jpg
読書ボランティアグループを結んでいるのが、胆江ゆめネットワークというネットワークなのですが、事務局の皆さんはとても人なつっこい方々で、交流会でも盛り上がりました。店を出てからも、名残惜しくていつまでも寒空の下でおしゃべりしていたくらい・・・。いつしか私、おしゃべりが止まらなくなっておりました。(笑)

実は今回、花巻の小学校にも立ち寄って、読書ボランティアさんたちの紙芝居を見ることができました。花巻市東和町では、この春、6つの小学校が統合してひとつの大きな小学校になりました。そのこどもたちが地域の昔話でつながることができるようにと、ボランティアさんたちが願いながら作った大型紙芝居です。制作段階から見ていたので、今回こどもたちと一緒に見ることができてよかった~!ボランティアさん手作りの紙芝居は、昔話に乗って温かい心も伝わってくるようでした。
秋の岩手の旅は、心がほかほかすることばかり・・・順にupしていきます。(今年中に・・・汗)
[PR]
by kira_hoshi | 2011-11-28 21:18 | 希望郷いわて
<< 秋の岩手の旅② 秦家のひととき >>