クリスマスの朗読会

今年は、「朗読お茶会」で朗読納めとなりました。
25日、寒波で冷え込むクリスマスの日にもかかわらず、お越し頂いた皆さん、本当にありがとうございます。
以前は、絵本の読み語りの時間もあった「朗読お茶会」なのですが、2年ほど前からは「朗読」のみとさせて頂いておりました。そうなってから初めて!・・・こどもたちのお客さんが来てくれました~!ちょうど絵のきれいな本だったので、こどもたちには特等席(逆に緊張してしまったかも・・・)を用意し、絵を見ながら聞いてもらいました。
f0135222_1314315.jpg

私はと言えば、小さなお客さんがそばにいるのがうれしくて(笑)、とても幸せな気持ちで読んでおりました。そして、今回のストーリー1冊目「しあわせなモミの木」(シャーロット・ゾロトウ/文ルース・ロビンス/絵みらいなな/訳)は、とても幸せなおはなしだったのです。
読めば読むほど深くて・・・ささやかな当たり前のことをすること、し続けることが、周りを幸せにするんだなあと思いました。
そして、お楽しみのお茶は、クリスマスバージョンで「抹茶ミルク」でした!(写真撮り忘れた・・・)
抹茶とミルクをブレンドした色がとてもやわらかい緑で、読んだばかりの「しあわせなモミの木」の雪の積もったモミの木を思い出しました。甘みを加えなくても、ほんのり甘く、抹茶の香りもして・・・とても幸せな気分になりました。
この抹茶の銘は、「高砂」。能の演目でも有名な平安時代の夫婦の愛の物語・・・。
実は、2冊目「世界で一番の贈り物」が夫婦の愛の物語なので、それに合わせた小嶋さんのコラボでした!小嶋さんのお茶とのすてきなコラボは、いつも心がほっとほぐれて温かい気持ちになります。
「世界で一番の贈り物」(マイケル・モーパーゴ作/佐藤見果夢/訳)は、第一次世界大戦の英独両軍のクリスマス休戦が題材になったお話。こちらも、心温まるすてきなストーリです。冷え込む日でしたが、皆さんと一緒に、心にぽっと温かい火が灯ったような時間を過ごすことができました。

「朗読お茶会」、次回vol58は・・・来年の新茶の頃に開催予定です。
なお、今年vol55から「本のお使い活動」と名付けて、「朗読お茶会」に頂く会費をこどもたちに本を贈る活動に役立てたいと思ってきました。これについてはいずれまた、ご報告いたします。
[PR]
by kira_hoshi | 2011-12-27 13:20 | 朗読のご報告
<< 2012年、スタートしました。 四条京町家「朗読お茶会」 >>