イーハトーブ冬紀行 後半

奥州市水沢でも、心がほかほかしました!
昨年の読書ボランティア研修会以来、水沢にも温かいご縁がつながっていて、今回は地域の皆さんの童謡を歌う会、「アスピア詩っこの会」に参加させて頂いたのです。とても楽しかったです!
歌って、それも童謡って、すてきな力を持っています。歌いながら懐かしくなって、気持ちよくなって・・・心が解きほぐされて行くような・・・。皆で一緒に大きな声で歌うと気持ちいいですね。そして何より、会のスタッフの皆さんがとてもすてきな方々でした。
皆さんと楽しみながら、この頃の自分の朗読会についてちょっと反省・・・。昨年は、変なところに力が入って、私自身が朗読会を心から楽しんでいなかったような気がします。
参加者もスタッフも皆一緒に楽しんでいる姿・・・水沢で楽しい会の原点を見て、大切なことに気づきました。
歌の合間に、ちょこっと朗読させて頂きました。緊張しましたが(汗)、とっても楽しかったです~!

そして、会の後、水沢の国立天文台にお連れ頂きました!
天文台本館のとなりに大正時代の建物が保存され、宇宙遊学館という展示館になっています。
f0135222_17374146.jpg

また明治時代の建物は、初代所長の業績を顕彰し「木村記念館」として残っています。
「風野又三郎」に、水沢観測所で木村博士がテニスをしている場面が出てくるのですが、テニスコートも・・・あります!館内あちこちに、キャラクターの又三郎がいて、賢治さんの世界でした。急ぎ足での見学になってしまいましたが、またゆっくりおじゃましたいです。
[PR]
by kira_hoshi | 2012-02-03 17:40 | 希望郷いわて
<< イーハトーブ冬紀行 追記 イーハトーブ冬紀行 前半 >>