ほっとna朗読会、3年目に入ります!

f0135222_2340832.jpg今週に入って、桜の枝はつぼみでピンク色に染まり始めました。
でもその後の、春の嵐と寒気の影響で、寒そうにふるえています。
見ごろは来週でしょうか・・・?
(写真は鴨川の桜、4月2日に撮影。upが遅くなりごめんなさい)

さて、ジョイントほっとの「ほっとna朗読会」は3年目に入りました。
いつも楽しみに聴いてくださる皆さんのおかげで、続いております。
本当にありがとうございます。

先月は、「春と修羅」「東岩手火山」「永訣の朝」「松の針」「無声慟哭」を読みました。
ちょうど、大丸で開催された「宮沢賢治 詩と絵の宇宙」を見たところでした。(それも3回も・・・)
「春と修羅」「永訣の朝」など、いくつか自筆原稿のコピーが展示されていたので、目で見て感じるものがありましたし、また、DVD資料展示の草野心平が朗読する「雨ニモマケズ」や弟・清六さん朗読の「原体剣舞連」は、耳から伝わってくるものがありました。その上で朗読すると、今までとは違うことを感じました。
そして今月は・・・「猫の事務所」です。久しぶりに読んでみると、また違う世界の扉が開いたような気がしました。16日が楽しみです!どうぞどなたもお茶しにお越しください!

◆ほっとna朗読会(25回目)
場所:ジョイントほっと
日時:4月16日(月)15時15~ (20分ほど)
プログラム:「猫の事務所」(宮沢賢治)
この日のこの時間、朗読しています。どなたもどうぞお越しください。
[PR]
by kira_hoshi | 2012-04-05 23:45
<< 「語りの里」第7弾は京都のむかし話 心新たな新年度 >>