いわてデスティネーションキャンペーン②

宮沢賢治の短歌に

「夜明げには
まだ間あるのに
下のはし
ちゃんがちゃんがうまこ見さ出はたひと」

賢治さんが盛岡にいた大正時代は、若者が手綱をとり下ノ橋を駆けぬける勇壮な姿を見ようと、朝早くから大勢の人が詰め掛けたとか・・・。
今は、乗り手はこどもたち。滝沢村の鬼越蒼前神社から盛岡八幡宮までの15キロを、4時間もかけて馬に揺られて行きます。
では、その勇姿をご紹介…。
f0135222_22352278.jpg

皆、手を振る姿も堂々としています。
f0135222_22354160.jpg

たくましいからだに目はとてもかわいい馬たち。ばんえい競馬で優勝している馬もいるのですって。
着飾った晴れ姿、とてもきれい。
f0135222_22361142.jpg

今年産まれたばかりの子馬も、一緒に歩きます。
f0135222_22362817.jpg

鳴輪や鈴の音は、私には「じゃらじゃら」「がらんがらん」「シャンシャンシャン…」のように聞こえました。この鈴の音は環境省の「残したい日本の音風景百選」に指定されているのだそうです。
f0135222_22364987.jpg

田植えが終わった田んぼを見ながら進んでいく馬こ…向こうにはカメラマンの列…。
f0135222_2237881.jpg

そして、地元の方々がこの日のために丹精こめたあやめが咲いていました。
f0135222_22372854.jpg

これで岩手山が見えたらいうことなし、ですが残念、雲に隠れていました。

馬この衣装、鈴の音、稚児たち・・・とてもすてきな祭でした。
今年は76頭の馬が歩いたのだそうです。ハレの日に馬も家族も誇らしげでした。
[PR]
by kira_hoshi | 2012-06-15 22:33 | 希望郷いわて
<< いわてデスティネーションキャン... いわてデスティネーションキャン... >>