宮沢賢治の時間 2回目

なんだかバタバタしていた7月ですが、やっと6年生のところに行ってきました!
今年の子達は、結構、賢治さんを読んでいる!という印象で、今回の「注文の多い料理店」も半分くらいが知っていました。でも知らない子達は「メニューが多い店」とか「お客で混んでいる店」とか言っています・・・シメシメ(笑)。
小林敏也さんの絵本「注文の多い料理店」は、絵ばかりでなく文字の色や大きさも物語のドキドキ感を表していて、ほんとに興奮しちゃう。その興奮で読むと、息切れしてしまうので要注意です(笑)。
でも息切らしながら楽しかった~!こどもたちの気持ちと、物語と、私の呼吸がぴたりと合った感じでした。
その後の休み時間に図書室に行ったら、6年生がたくさん来て賢治さんの本を借りて行きました。
シメシメ・・・きっと楽しかったってことですよね。(笑)

続いて2年生のところにも・・・。
この子達が人懐っこくて、始まる前からわいわい賑やかでした。
去年読んだ本も覚えていてくれて、うれしいです。
「来年はもっと本持ってきてね~!」と言われました。
この人懐っこさ・・・いつまでも持っていてほしいです。
[PR]
by kira_hoshi | 2012-07-13 21:49 | 宮沢賢治
<< 祇園祭2012 朗読story「二人」、ありが... >>