京都のお盆

お盆って・・・京都ではなんだか空気が違うのです。
観光客より帰省客が増え、そしてお精霊(しょらい)さんが帰ってくる・・・。
京都の人は、迎え鐘をついてお精霊さんを迎え、五山の送り火で送ります。
今年も、お盆の始まりを秦家親子会で過ごし、秦めぐみさんのお話を聞きながら、親子の皆さんと昔からの知り合いのような温かい気持ちになりました。
f0135222_12592093.jpg

お供えの七色(なないろ)のお話を聞いたり、花火をしたり昔ながらのカキ氷機で作ったかき氷を食べたり・・・そうそう、蚊帳の中でこどもたちが紙芝居を読んでくれました。とっても上手でしたよ。
じ~んと心に染みる体験をこどもたちと一緒にして、言葉にならない雰囲気を味わいました。

そしてお盆の最後は、五山の送り火。
毎年定点観測のような写真なのですが、今年はちょっとずれて右側に外灯が入ってしまいました。また今年もいつものように送り火を見ることができ、ありがたいことだと思います。なんでもなく過ごせることの幸せを、改めて大切に思いました。
f0135222_12594061.jpg

このお盆中に、京都府南部では豪雨の大きな被害がありました。
特に宇治にはいろいろなご縁もあり、心が痛みます。
どうか、被害にあわれた方々が元の生活に早く戻れますよう、そしてこれからの台風シーズンに不安ない対策が講じられますよう、願っています。
[PR]
by kira_hoshi | 2012-08-18 13:01 | 京都
<< 残暑の中、私も“熱い”です。 静岡でのお楽しみ! >>