比叡山の賢治さん八十回忌

9月21日、今年の比叡山は快晴。
そして秋の始まりを感じる風が吹いていました。

去年は台風で関西宮沢賢治の会会員が集まれませんでしたが、今年はまたお山に行くことができました。
今年は、お忙しい中、花巻市長もお越しくださいました。
そして素晴らしいご縁がつながり、賢治音楽にお詳しい佐藤泰平先生も仙台からお越しくださいました。賢治の弟・清六さんと親交のあった先生に、法要会で「精神歌」を独唱して頂きました。間際になっての無理なお願いにもかかわらず、先生は賢治さんの詩碑の前で心をこめて歌ってくださいました。
読経が始まるとあたりがしんとして、そこだけ別の空間のように感じました。
東日本大震災の犠牲者の方々のご供養もあり、改めて沿岸に思いを馳せました。
祈りながら、とても心が静かになりました。

午後からは、静岡自然を学ぶ会代表の池上理恵さんの講演でした。、
賢治研究者のご主人の研究についてと、ご主人の最後の日々を枕元で賢治作品を読みながら家族で過ごしたというお話…。お聞きしながら、心がじんわりと温かくなりました。
なんだか心に感じることばかりの1日で、お山を下りる時にはとても安らかな心になっていました。
来年もまた、お山に行けますように…。
[PR]
by kira_hoshi | 2012-09-22 23:04 | 宮沢賢治
<< イーハトーブへ ⑥平泉 イーハトーブへ ⑤イギリス海岸 >>