イーハトーブ 雪の旅 あとがき

2月に入ると、東北各地は雪まつりで賑やかになります。
そしてこの三連休、花巻では「雨ニモマケズ 朗読全国大会」や「わんこそば全日本大会」、その後は大迫の雛祭り…楽しいことがたくさんあります。(また行きたくなってしまいました。泣)

イーハトーブにおじゃまする度に、楽しいことやうれしいことを心の宝箱にしまって帰ってきます。そして皆さんにお伝えしようと、拙い文章でブログに綴っています。
でも震災以来、心が痛むことを見たり聞いたりした時は、言葉にならず、心の中にしまったままでした。
そのままふたをして、そっとしていました。でもそれではいけない、そうしているといつか忘れてしまうことになるのではないか、と思うのです。

昨年、心に深く残った体験があります。
司会をしたある催しで、被災地の方々に接する場面で、言葉が見つかりませんでした。一言に思いを込めなければいけない時に、その一言が…。皆さんのことを考えると簡単な言葉で済まされない、そう思うとどうしても言葉が出てこなかったのです。
そのことで改めて思いました。今、言葉にならなくても、これから先、言葉にしようと努力しよう、そうすることでずっと思いを持ち続けよう。
そして自分の目で見たこと・耳で聞いたことは、時間をかけてちゃんと言葉にしたいと思います。誠実な言葉を探して、伝えていきたいと思います。
[PR]
by kira_hoshi | 2013-02-06 17:32 | 希望郷いわて
<< 宮沢賢治の時間 4回目 イーハトーブ 雪の旅 後編<陸... >>