朗読お茶会、雪の中ありがとうございました!

f0135222_23593827.jpg「朗読お茶会」vol.59は、朝から雪の舞う寒い日でした。
それにもかかわらずお越しのみなさん、ありがとうございました!
今年は新美南吉の生誕100年そして没後70年。そこで今回、南吉の作品から「お母さんたち」「花を埋める」「でんでんむしのかなしみ」「狐」を朗読しました。
物語に心温まり、小嶋さんの淹れるお茶に体温まり…春もすぐそこに来ているように思われました。

なお皆さんのおかげで、今年度は2回「朗読お茶会」を開催することができました。
皆さんの会費から会場費とお茶材料費を頂き、それ以外を昨年度同様、岩手県陸前高田市のこども図書館「ちいさいおうち」に贈らせて頂きます。詳細は、いずれ朗読ユニットmes amisのHPに記載いたします。「ちいさいおうち」には、先月はじめておじゃましました。多くの人々の思いがこもった、とてもすてきな図書館でした。「朗読お茶会」でも、小さな応援を続けたいと思います。

もうまもなく3月。花巻の大迫(おおはさま)から、雛祭り(~3/3)のご案内を頂いておりました。数年前に、宿場の家々のお雛様を訪ね歩いたことをなつかしく思い出します。春を待ちこがれる人々の心を感じる、あたたかいお祭りでした。北国にも、早く春がやってきますようにねがっています。
[PR]
by kira_hoshi | 2013-02-28 00:03 | 朗読のご報告
<< 3月に思うこと 四条京町家「朗読お茶会」VOL.59 >>