春に。

京都では、ソメイヨシノが先週開花したものの、花冷えが続いているのでまだちらほら咲き…。
f0135222_21595876.jpg

岡崎の疏水では、カモが一足先にお花見を楽しんでいました。
f0135222_2201597.jpg

今年もまもなく春爛漫です。

今日は、支援ボランティアをしている小学校の離任式でした。
お世話になった先生3人と校長先生が離任されました。
こどもたちと一緒に先生方をお送りして、なんだか心にぽっかりと穴が空いたような寂しさを感じています。
校長先生は、16年間この小学校と地域のために尽力して来られました。それだけに、こどもたちも父兄も卒業生も…たくさん集まっていました。先生の最後のあいさつに、心がじ~んとしました。
私は6年間お世話になったのですが、先生の「こどもたちに今わからなくていい、でも今聞かせてやりたい」という言葉を胸に、毎年6年生に賢治作品を読み続けてきました。
きっと校長先生のその言葉がなかったら、続けることができなかったと思います。
ふりかえると、私自身この学校で学びながら6年生になった気分です。1年目には、思いもしなかったことや確信が持てなかったことが、年を経るごとにわかってきました。でも、いくらわかっても先がある、わかってきたからこそもっと先がある、ということもわかってきました。そしてその先は…ちっとも目に見えません。(泣)
4月からは1年生に戻って、また一歩一歩進んでいきます。

今週末には桜も見ごろになるでしょうか?
新しい春の息吹を、パワーにしたいと思います!
[PR]
by kira_hoshi | 2013-03-28 22:06 | こどもたち
<< 京都 桜便り 宮沢賢治の時間 5回目 >>