「ほっ」と。キャンペーン

イーハトーブ夏紀行①

今年はいつもより早く、7月のイーハトーブに行ってきました!
そしていつものように心も体もリラックスして、イーハトーブパワーをチャージして帰ってきました!
短い滞在の間、水沢と花巻でみなさんにお世話になり、おしゃべりしたり温泉に入ったり、おいしいものを食べたり飲んだり…そしてもちろん賢治さんの世界に触れる時間を過ごし、とてもよい時間でした。私はこどもの頃から引っ越しが多く、もはや自分にとってどこが故郷かわからないのですが、住んだことがなくてもイーハトーブは“心のふるさと”で、大切な大切な場所です。
今回はなんだか話し込むことが多くて、写真を撮るのを忘れてしまうほどだったのですが(笑)、いくつかすてきな風景をご紹介します!
まず…
宮沢賢治記念館前のバス停から記念館まで階段ができていました!
f0135222_91620100.jpg

これによって安全に一気に、記念館まで登ることができるようになりましたが…367段はさすがに汗だくになりました。(笑)山猫軒の横まで5分ほどで行けますので、早いです。
記念館では今回も、職員の皆さんとお話したり、賢治さんの世界に触れたり…心やすらぐ時間を過ごしました。

今年の企画展は9月29日まで。
f0135222_9164927.jpg

今回も皆さんにお世話になって“イーハトーブあちこちミステリーツアー(?)”にお連れ頂いたのですが、こちらは「ざしき童子のはなし」に出てくる「更木」の渡し場跡の記念碑。
f0135222_9172558.jpg

この場所は古くから決壊することが多く、河童や座敷童子の話が伝わっているのだそうです。「ざしき童子のはなし」でざしきぼっこが渡し守に「更木の斎藤へ行くよ」と言ったその斎藤家はその後移築されて、今もざしきぼっこがいたという部屋が立派に保存されているのだとか。(我が家にもざしきぼっこ来て欲しい~!)

またまた、こちらは坂上田村麻呂ゆかりの円万寺観音山からの眺め。
f0135222_9174643.jpg

ここから見る花巻の田園風景は広大で、気持ちよかったです!
こちらにはチベット学の権威・多田等観の一燈庵があり、この春に龍谷大学のミュージアムでチベットの仏教世界展が行われたとき、花巻市博物館からの展示や館長さんの講演もあって気になっていたのに行けなかったので、心にひっかかっていました。

そしてこちらは、花巻の清水寺。
f0135222_9181132.jpg

日本三大清水の一つに数えられ、賢治さんも何度も訪れていたそうです。

いつもの大沢温泉では、今回は「大沢の湯」(女性専用時間ですが…)に挑戦することができました!夜8時~9時までだったので、川の音を聞き夜空を見ながらいつしか時を忘れました。
f0135222_9183332.jpg

本当に、よい時間を過ごしてきました。
[PR]
by kira_hoshi | 2014-08-14 09:21 | イーハトーブ花巻
<< イーハトーブ夏紀行② 滋賀の高校生 >>