「ほっ」と。キャンペーン

イーハトーブ夏紀行②

この夏、日本各地で災害が起き、ニュースを見ては心が痛みます。
災害にあった方々が、一日も早く元の生活に戻れますよう祈っています。
京都でもこのところ続き、自然の力の恐ろしさを改めて感じました。私はこの夏、あちこち移動することが多かったので交通機関の心配をしながらでしたが、なんとか無事に過ごすことができほっと一息ついています。

さて、イーハトーブの旅報告の途中でしたが…
今年の夏も、掛川と御前崎の図書館におじゃましてきました。
数えてみると、掛川市立大東図書館さんとは8年目のお付き合いになります。そのご縁で中央図書館さんにも、そして灯台村塾をきかっけに御前崎図書館さんにもおじゃまするようになり、夏の掛川・御前崎への旅が続いてきました。ひとえに図書館職員さんたちのおかげで、本当にありがたく思います。
中央図書館では大人向きに賢治作品を、大東と御前崎では親子向けの絵本を楽しみました。
道中、掛川の茶畑と御前崎の青空…広々とした景色を眺め、心が大きく(?)なったような気がします。また来年もぜひ、おじゃましたいです!

では、イーハトーブに戻ります。f0135222_9222832.jpg
今回、花巻市太田にある高村光太郎記念館にも行くことができました。東京で空襲に遭い、宮澤家に疎開した光太郎は、太田で7年間独居生活をしていました。
ずっと前におじゃましたことがあり、静かな森の中にひっそりと佇む資料館でひとときを過ごしたことがありました。また、光太郎が住んだ山荘は地元の方々が周りを囲むように小屋を作って保存していて、その心の温かさに感動したものでした。「智恵子抄」の中に、亡くなった智恵子に光太郎が山荘での暮らしについて話しかけている詩があるのですが、この場所に来るとしみじみ心に感じられます。

記念館は去年リニューアルされて、元々あった博物館の建物に移り広くなって展示も増えていました。
f0135222_9234910.jpg

何度でも、訪ねたくなる場所です。
[PR]
by kira_hoshi | 2014-08-31 09:26 | イーハトーブ花巻
<< イーハトーブ夏紀行③ イーハトーブ夏紀行① >>