かやぶきの里に春がきた

取材のついでに南丹市美山町に立ち寄りました。
京都市内の桜は、さすがに散り始めていますが、里山の桜は今が盛り。
かやぶき屋根と桜と菜の花、大きな鯉のぼりが空を泳ぎ・・・とてもすてきな景色でした。
昔の日本はこれが当たり前の風景だったんですよね。そう思うと、なんだか懐かしいような寂しいような・・・不思議な気持ちになりました。
f0135222_103732.jpg

[PR]
by kira_hoshi | 2007-04-14 21:57 | 京都
<< 嵯峨嵐山の静かなひととき 風の又三郎 第1弾! >>