鉾建て

今朝からすごい雨だったのですが、四条通り周辺では祇園祭の鉾建てが始まりました。
私も、室町通を通りがかりに菊水鉾を見学。京都に住んでいても、こういう準備段階を見られることはそうそうありません。・・・と言いながら、菊水鉾とは縁があるのか、数年前も偶然通りがかったことがありましたっけ。今回は雨のせいか人が少なかったので、まじまじ近くで眺めることができました。
鉾の組み立てには、釘を一本も使わず、縄だけ。その締め方がすごいです!まるで蜘蛛の巣のように、しっかりとそして美しく締めてありました。祭とともに、こういう技術が伝わっていくことは素晴らしいですね。今、祇園祭を世界遺産に登録しようという動きがあるのですが、祭の華やかさだけでなく、その陰にある作法や技術の伝承を思うと、まさに遺産だなあ・・・と思います。
さあ、今年も祇園祭の季節になりました!
f0135222_22211138.jpg

[PR]
by kira_hoshi | 2007-07-10 21:58 | 京都
<< 「宮沢賢治の時間」2回目 鈴虫、熱唱・・・! >>