五山の送り火

京都の8月と言えば、五山の送り火。
観光客として見ていた頃は、「すご~い!きれ~い!」と思うだけでした。
でも、京都に住んで毎年見るようになってから、少し変わってきました。
送り火は、地域の方々の手で行われています。送り火に限らず京都は祭事が多いのですが、そういったものに携わる人達の誇りと責任感、それから地域のつながり。これは祭りがあるからなのか、それともこのような京都人気質が祭りを続けさせるのか・・・。
ほんとに京都は奥が深いです。私などは、まだまだ京都人になれないのですが、京都を肌で感じることはできるようになってきたかも?
「祇園祭で夏が始まり五山の送り火で終わる」。そんな感覚も、このごろやっとわかるようになってきました。
f0135222_028994.jpg

[PR]
by kira_hoshi | 2007-08-16 22:06 | 京都
<< ならまち散策 ちいちゃんのかげおくり >>