雪国と箏の音色

今年初の朗読お茶会は、林比路子さんの箏の音色でスタートしました。
町家にはぴったりで、こどもたちも間近でじ~っと聴いていました。
「雪国」にもぴったり・・・箏の音色のおかげで、す~っと物語の世界に入ることができました。
とてもすてきなひとときでした。
今日はその後、毎年恒例、岩手県人会の新年会+女子駅伝選手慰労会があって、県人会のみなさんと盛り上がりました。賢治を朗読しているご縁で入会させて頂き、以来、いろいろとお世話になっております。岩手の女子駅伝の選手のみなさんも、今日のレースがんばりました!
根性なしの私にとっては、走ることだけでもすごいことで、尊敬してしまいます。
レースを終えた選手たちは、とてもよい顔をしていました。
[PR]
by kira_hoshi | 2008-01-14 00:17 | 朗読のご報告
<< 静岡おでん! アンデルセン「絵のない絵本」 >>