絵で読む 宮沢賢治展

いよいよ静岡に行く日が近づいてきました。
今度の日曜日、20日は、静岡アートギャラリーの「絵で読む 宮沢賢治展」関連事業で、賢治作品の朗読をさせて頂きます。2時~「どんぐりと山猫」「風の又三郎」(一部分)、3時~「銀河鉄道の夜」(抜粋)を読みます。そこで、今、一番悩んでいるのが「銀河鉄道の夜」。
30分という持ち時間で、皆さんにお話を理解してもらおうとあらすじを中心に抜粋30分バージョンを考えてみました。でも、先日の「朗読お茶会」で読んでみたところ、どうもしっくり来ないのです。どうやら、あらすじ中心にするために、賢治独特の言葉の表現を省略してしまったことが原因のよう。それなくしては、銀河の川や野原が頭に浮かんでこないのです。
改めて、銀河鉄道の物語の深さにはまってしまいました。
もう少し、悩んでみます・・・。
[PR]
by kira_hoshi | 2008-04-15 23:36 | 宮沢賢治
<< 銀河鉄道の夜 府庁とお茶会、無事終了しました >>