銀河鉄道の夜

そもそも2時間半の内容を30分にしようと思うのが無謀なのですが・・・なんとかなりそう。
静岡アートギャラリーで読む「銀河鉄道の夜」は、銀河の美しさが生き生きと描かれているところ、ぞっとするような冷たさや得体の知れない怖さが現れているところ・・・そんな箇所を中心に朗読することにしました。あらすじは簡単に紹介することにして、賢治の詩的な銀河の表現を朗読することに集中しようと思っています。
1ステージ目の「どんぐりと山猫」は20分くらいですし、「風の又三郎」は冒頭の5分くらいを読みます。さて、少々てんこもりのプログラムになっていますが、どんな風になるでしょうか・・・。(どきどき)
★「読み語り 賢治文学を楽しむ」(毎日曜に開催) 
  静岡アートギャラリー 賢治展の星めぐりのへやに於いて
  20日(日)のプログラムは
  午後2時~ 「どんぐりと山猫」「風の又三郎」
  午後3時~ 「銀河鉄道の夜」

それから、前日の19日(土)は、掛川市の大須賀図書館と大東図書館におじゃまします。
京都で行っている「朗読お茶会」の雰囲気そのままに、こどもから大人まで楽しめる時間にしたいと思っています。大須賀図書館が1時~2時、大東図書館2時半~3時半。お近くの方々、ぜひお越しください!!
[PR]
by kira_hoshi | 2008-04-16 23:59 | 宮沢賢治
<< そわそわ・・・してきました 絵で読む 宮沢賢治展 >>