すてきな旅でした。

19日の大須賀図書館と大東図書館、そして20日の宮沢賢治展での読み語り、無事終了しました。なんだか、今、心いっぱい状態です。幸せなことがたくさんありすぎて・・・。
大須賀図書館でも大東図書館でも、たくさんの方々がお越しくださいました。
皆さんノリが良くて、大人の皆さんもすっかり子どもに還ってしまって・・・素直で無邪気な方が多いのは静岡の土地柄でしょうか(笑)。私もとても楽しかったです。

賢治展の読み語りは、展示会場内に設定された「星めぐりのへや」でした。
ここは、何か秘密の部屋のような感じ・・・。壁面には星座が描かれ、照明は暗く抑えてあって、気持ちが落ち着きます。声が壁に響いてかえってくるので、読み手にはとても気持ちよい空間です。聴き手も集中できます。30分という短い時間が、とても濃い時間に感じられました。
皆さんには、どうだったでしょうか?こちらも、たくさんの方々がお越しで、本当にありがとうございました。「読み語り 賢治文学を楽しむ」は、会期中の毎日曜日に様々な読み手によって行われますので、またぜひお越しくださいね!そうそう来週は、私の大先輩、上藤美紀代さんですよ~!
f0135222_20474892.jpg


今回、また賢治さんのご縁で、すてきな知り合いができました。そんな方々と、帰りの新幹線の時間を忘れるほどおしゃべりをしたのですが、まだまだ尽きず・・・次回に持ち越すことになりました。また、古くからの知人とも、美味しいものを食べ(新鮮なお魚たくさん食べました)温泉に入り・・・しながらたくさん語りましたが、まだまだ・・・。また静岡行かなくちゃ!(笑)
静岡を出る時に見たきれいな満月が、京都に着いた時にも同じように輝いていました。
本当に、みなさんに温かくして頂いて心がいっぱい・・・。この気持ちを心の栄養にして、またがんばります。成長期過ぎてしまったので、体は大きくならないけど(笑)、心が大きな人になりたいで~す!
[PR]
by kira_hoshi | 2008-04-21 20:50 | 宮沢賢治
<< 島原のギャラリーのざわ そわそわ・・・してきました >>