島原のギャラリーのざわ

春らしいお天気の中、京都島原ギャラリーのざわに出かけてきました。
実は、5月11日(日)午後3時~、こちらで 言葉と音色の響き「源氏物語 春の巻」を開催させて頂くのです。f0135222_22573416.jpg
ギャラリーのざわは、築80年の町家。島原商店街をぶらぶら歩いていくと、大門の手前にあります。のれんをくぐると通り庭が奥まで続き、まさにうなぎの寝床!お座敷が展示スペースになっていて、現在「遠藤湖舟 写真展」(29日まで)が行われています。
普段はホールなどでの展示が多いという湖舟さんが町家を生かした展示を試みているそうなのですが、自然界を撮った写真が屏風仕立てや掛軸になっていて、不思議と町家にしっくりと馴染んでいました。f0135222_2320063.jpg
また、壁をスクリーンにプロジェクターで写真を映していたのですが、月や星、波の写真やモンゴルの草原などが、音楽とともに映し出されるとまるで映画を見ているよう。同時に、小さい頃、家族で見たスライド写真を思い出しました。家族旅行の写真を父がスライドにして、夕食の後よく上映会をしていましたっけ・・・。そんなことを思い出すのは、町家の家族的な空間のせいかもしれません。なんだか、すっかり心が落ち着いてしまって、写真に囲まれながら店主ののざわさんやご近所の方とおしゃべりをし、ほっこりしたひとときを過ごしてきました。
遠藤湖舟 写真展は29日まで。みなさん、島原の散策がてらぜひいらしてくださいね!

のざわでの「源氏物語」もお知らせしておきますね。
★言葉と音色の響き「源氏物語 春の巻」 5月11日(日)午後3時~4時
  会場:ギャラリーのざわ 
  朗読:星野祐美子  尺八:岩本みち子  箏:林比路子
  プログラムは  「源氏物語」花宴~朧月夜~
   原文と与謝野晶子訳の朗読、尺八・箏の演奏のコラボレーション
  朗読ユニットmes amisにメールでお申し込みください。
    夏の巻・秋の巻もギャラリーのざわで開催予定!源氏物語千年紀の今年、
    古文と音色のコラボレーションにチャレンジします。
[PR]
by kira_hoshi | 2008-04-22 22:58 | 京都
<< 京都府北部、朗読ツアー(?) すてきな旅でした。 >>