源氏物語千年紀 その1

明日から5月!5月にはまず与謝野町と舞鶴へ「朗読お茶会」が旅をして・・・その後「セロひきのゴーシュ」があって「源氏物語」があって・・・と、私の頭の中は大忙し。ともすると「ゴーシュと源氏の君がお茶会やってる」夢(どんな夢???)でうなされそうです・・・(笑)

今年は源氏物語千年紀。私も、5月11日ギャラリーのざわでの春の巻を皮切りに、夏・秋と、季節ごとに源氏物語を読むつもりですが、とにかく源氏は奥が深いです。とくに、紫式部の原文と向き合うとなると、五感をフルに使って想像する力が必要です。いにしえの方々は、五感が研ぎ澄まされていたのですね。今の私たちは五感体験を言葉にするということはあまりしなくなってしまいました。
それでも物語の舞台を歩けば、川の流れや鳥の声にふと物語の世界を感じることがあるから不思議です。そんな体験を、先日、宇治でしてきました。f0135222_23201910.jpg
宇治といえば、宇治十帖。源氏のつどい代表で観光ボランティアの越村春枝さんのご案内で歩きました。宇治に住みながら源氏物語に取り組んできた越村さんのお話は、物語が目に浮かぶようで、現代にいながら千年前にタイムスリップしたような気分になりました。
そして、宇治といえば宇治茶。玉露の淹れ方を宇治茶インストラクターの方に教わりました。濃厚な1煎目は旨みたっぷりでスープのよう。3煎まで味わった後、お茶の葉っぱにポン酢をかけて食しました。これが美味しかったです!
いにしえの人に近づこうと、最後に味覚もしっかり刺激!
これで、私の朗読に何か変化があるでしょうか・・・?
[PR]
by kira_hoshi | 2008-04-30 23:12 | 京都
<< 新緑の京都へようこそ 朗読の一日 >>