「宮沢賢治の時間」1回目

今年も同じ小学校の6年生のところに、賢治さんの物語を届けに行きます!
去年は「こどもたち」のカテゴリに入れていましたが、今年は「宮沢賢治」のカテゴリでご報告しますね。
1回目の今日は、「どんぐりと山猫」を読みました。
登場人物があまりにも多いこの物語・・・私も読んでいて、ごちゃごちゃになってくることがあるのですが、みんなの頭の中はどんなになっていたのかな???
お話の中のどんぐりたちは、自分が一番えらいと主張しますが、えらいって一体何でしょう?
みんなと一緒に考えながら、えらいもすごいも素晴らしいも、自分の心の中に自分なりの基準を持って自分で判断したいなあ・・・と思いました。
賢治さんの生涯についてもちょっとだけお話し、岩手県の位置も地図で確認。京都の小学生にとって東北、岩手は遠いですよね。これから毎回、賢治さんの物語を一緒に楽しみながら、みんなにとって賢治さんや岩手が近い存在になっていくといいな~と思っています。
[PR]
by kira_hoshi | 2008-05-22 23:15 | 宮沢賢治
<< 朗読は体育会系! 町家の魔法 >>