朗読は体育会系!

昨日、四条京町家「朗読お茶会」無事なんとか終了しました。
実は、直前に体調を崩してしまったのですが、点滴のおかげでなんとか乗り切れました。
体調管理が一番大切なことなのに、お越しのみなさん本当にすみませんでした。
こういう状況になってみると、やはり朗読は体力だと感じます。文化系の活動と思われるでしょうが、いやはや体育会系です。物語の世界を自由自在に駆け回るためには、実際に体力が必要なのです。昨日の私は、ちっとも駆け回れず、「吾輩は猫である」は文字と格闘するだけで終わってしまいました。自分でも残念でなりません。いつかまた、読みたいと思います。

体がしんどい時には、何も食べたくない、したくない・・・だったのに、少し元気になってきたら俄然、いろいろな欲がいっぱい出てきました(笑)。健康って大切ですね。今まで大きな病気ひとつせず、いつも元気いっぱい欲いっぱいでいられることを、両親に感謝したいと思います。
季節の変わり目、みなさんもくれぐれもご自愛くださいね。
[PR]
by kira_hoshi | 2008-05-26 21:44 | 朗読のご報告
<< ギャラリーヒルゲートの田島征彦展 「宮沢賢治の時間」1回目 >>