今年も薪能の季節です

平安神宮では、毎年恒例6月1日・2日の薪能の準備が進んでいます。
写真は舞台の後ろから写したもの。竹の柱で囲まれブルーシートが敷かれているところが舞台です。遠くは椅子席、その前には板敷きの桟敷席が設置されます。なるほど、能楽師の皆さんはこんな風景を見ているのですね。
f0135222_23562781.jpg

59回目を迎える今年は、源氏物語千年紀に合わせて「浮舟」「紅葉賀」「葵上」など源氏の番組が目白押し。久しぶりに見に行こうとチケットを買い求めました。
以前は、能のワークショップに通っていたので薪能もよく見に行っていたのですが、近頃はとんとご無沙汰・・・。薪能って寒いんですよね。それにおしりが痛い・・・。(椅子でも桟敷でも)
それからお腹がすく。とはいえ、篝火が風に揺れ闇に拝殿が照らし出される中、繰り広げられる舞台は・・・まさに幽玄の世界!お越しになる方は、上着と座布団と食料を忘れずに!
[PR]
by kira_hoshi | 2008-05-30 23:57 | 京都
<< 楽町楽家に参加します! ギャラリーヒルゲートの田島征彦展 >>