カヤの中で講談聞きました!

昨日、京都府立文化芸術会館で行われた「神田山陽 独演会」に行ってきました!
その名も「百連発 カヤの中」・・・。何やら、大きなカヤを吊ってその中で講談を聞くらしい。
行ってみると、客席ではなく舞台上にテントのようなカヤが吊ってあり、高座も座布団の客席もその中・・・なんだか秘密めいていてわくわくします。そこで2時間以上、ほとんど休みなしで語り続ける山陽さん、すごかったです!古典も創作も雑談(?)もありましたが、大笑いしたりほろりとしたり、休んでいる暇はありませんでした。(笑)
私は講談を語ったことはありませんが、あの言葉のリズムはなぜか体に馴染んでいます。
そしてそのリズムで聞いていると、頭の中にストーリーや情景が浮かんできます。これぞ、語り芸ですね。すごい!と思いました。やはり、私の朗読などまだまだ芸と呼べるものではありません。これからもがんばらなくては。
ちなみに、朗読お茶会や源氏物語でご一緒している尺八の岩本みち子さんと行ったのですが、さすがに彼女は古典好き。講談を堪能していました。岩本さんは平成女鉾清音会の会長さん。女性ばかりのお囃子です。まもなく祇園祭のお手伝いで大忙しになるそうです。7月27日(日)の午後3時~八坂神社で清音会の奉納がありますよ。あと一月もしたら・・・祇園祭ですね。
[PR]
by kira_hoshi | 2008-06-13 00:23 | 京都
<< 岩手・宮城内陸地震 田島征彦「みみずのかんたろう」 >>