「銀河鉄道の夜」ニュース⑤

心を無にして・・・いたら、すてきな絵本が届きました。
「静岡自然を学ぶ会」の池上理恵さんが訳した韓国の昔話「あまがえるさんなぜなくの?」です!お話も絵もとてもかわいくいじらしく・・・思わず微笑みながらページをめくりました。
池上さんとは、4月に静岡アートギャラリーで行われた「絵で読む 宮沢賢治展」の時に、お知り合いになりました。SBSの大先輩、上藤美紀代さんのご縁でひとときを過ごさせて頂いたこと、とても幸せな思い出です。亡くなられたご主人様は賢治の研究者で、ご夫婦で賢治の世界を大切にしてこられました。理恵さんにお会いし、ご主人の雄三先生のお話を聞き、心がとても温かくなりました。その理恵さんから絵本を頂き、静岡でのすてきな体験を思い出しました。
ギャラリー内の星めぐりのへやで、「銀河鉄道の夜」を読んだ時のこと・・・。小さなプラネタリウムのような雰囲気の部屋に、みなさんがひざをかかえてじっと集中して物語の世界にひたっておられました。それぞれの頭に中には、それぞれの銀河が浮かんでいたと思うのです。心の中で、みなさんそれぞれに違う銀河の旅をしていたと思います。でも、そこにいるみなさんの心が1つになったような・・・読み終わって顔を上げた時に、そう感じました。
そう、あの時の気持ち・・・私はどんな気持ちで読んでいたのでしょう?あんな気持ちで読めれば・・・と思っています。
明日は、講演の最後に「虔十公園林」を読みます。そして、晩は・・・相方・樹又がやってきて「銀河鉄道の夜」のリハです。そして明後日はいよいよ・・・!賢治さんに真っ直ぐ向かい、声に出したいと思います。
[PR]
by kira_hoshi | 2008-08-29 22:34 | 宮沢賢治
<< 「銀河鉄道の夜」~言葉と声のち... 「銀河鉄道の夜」ニュース④ >>