賢治七十六回忌

9月21日は賢治さんの命日。
京都の比叡山、根本中堂の近くにある賢治の歌碑の前では、毎年法要がいとなまれます。
ところが今年、京都地方には、朝から大雨洪水警報が出ていました。
実際、出かける1時間ほど前からバケツをひっくり返したような雨が降り出し、こんな天気では比叡山はさぞかし・・・と思ったのですが、不思議なことに到着して法要が終わるまで傘いらず。
それどころか、法要の間は太陽が少し顔を出し青空がのぞけるくらいでした。
賢治さんが、雨雲を吹き飛ばしてくれたのでしょうか?
今年は、「星めぐりの歌」の詩と曲を賢治さんに捧げようと、チェロの三宅かおりさんも参列していましたので、雨が降らなくてほんとによかったです。そして、チェロの音色のおかげで去年一人で朗読した時よりも緊張せず、詩を読むことができました。
賢治さんも、大好きなチェロの音色を聴きにきてくれたのではないでしょうか?

f0135222_2249496.jpg比叡山根本中堂の横にある賢治の歌碑は
「根本中堂 ねがはくは 妙法如来 正偏知 大師のみ旨 成らしめたまへ」

<どうかみ仏の素晴らしいお知恵によって、伝教大師が日本に天台の教えをひろめられ
国の平和を守りたいと祈られたみ心にあうよう、どうかみ仏の加護をいただきたい>
[PR]
by kira_hoshi | 2008-09-21 22:50 | 宮沢賢治
<< 朗読お茶会、終了しました 武者修行、無事終了! >>