みんなで創ろう!京都ならでは国民文化祭

突然、秋がやってきました。街路樹が急に色づき始めました。そして私も・・・ちょっとあわてております。・・・というのは、2011年に開催される、京都府の国民文化祭に向けて、朗読ユニットmes amisがプレゼンテーションをさせて頂くことになったのです。
はい、しゃべることはちっとも苦ではありません。それを生業としているぐらいですから・・・(笑)。でも普段の仕事は人の話を聞くことで、自分自身の話をすることはあまりありません。どちらかと言えば昔から、人の話を聞くことの方が好きで、自分の話をすることは苦手です。ですから・・・プレゼンテーションは、司会の仕事はよくさせて頂くのですが、自分がするとなると・・・(苦)。まして、パワーポイント・・・。(苦・苦・苦)
でもついに、必要に迫られてがんばりました!あまり凝ったパワーポイントではありませんが、一生懸命プレゼンしようと思います。私の提案は ことば・こころ・まちを結ぶ「語りの里」フォーラムです。府内の伝説・民話の地で語りの会を開き、それをネットワークで結ぼうというもので、「朗読お茶会」の旅に出て、皆さんと出会いながら思いついた企画です。ですから、出会った皆さんの思いもどこかに入っているかも・・・きっとそう思います!
一般に公開するプレゼンテーションで、他にも3団体が発表します。(私も他の提案にとても興味があります)基調講演は、京都国際マンガミュージアム国際マンガセンター長の牧野圭一氏です。お時間よろしければぜひお越しください。

☆「みんなで創ろう!京都ならでは国民文化祭」公開プレゼンテーション   
    11月20日(木) 18:30~20:30
   会場:金剛能楽堂(上京区)
   主催:第26回国民文化祭京都府実行委員会京都ならでは事業専門委員会
[PR]
by kira_hoshi | 2008-11-18 23:24 | ニュース
<< 国民文化祭、京都、静岡 森鷗外の家 >>