国民文化祭、京都、静岡

「みんなで創ろう!京都ならでは国民文化祭」のプレゼンテーション、無事終了しました。
なんと、金剛能楽堂の能舞台という恐れ多いところで・・・。今まで仕事でプレゼンは見てきたのですが、自分がするとなると逃げ出したくなりました。職業柄、持ち時間が気になり一生懸命10分で終わらせようとしたので、早口になってしまいました。頭の中が、早回し状態になっていました。(笑)プレゼンの内容については、またゆっくりお知らせいたします。

ところで、22日は静岡の国文祭の現代詩プレ大会に行ってきます!これも、元々は・・・賢治さんのご縁。そもそも「絵で読む 宮沢賢治展」のため静岡に行った際、掛川市の図書館に立ち寄って皆さんと交流を持ったのがはじまりです。ほんとに、不思議なご縁です。
賢治さんの詩「雨ニモマケズ」「東の雲ははやくも蜜の色に燃え」「小岩井農場パートⅠ」を読みます。静岡のみなさん、ぜひお越しください!

「旅の詩人となって心の詩をうたう」-国民文化祭文芸祭現代詩プレ大会ー
   会場:掛川市美感ホール(掛川市亀の甲1-13-7)
   時間:午後2時~(開場は1時半)  入場無料
   講演:土屋智宏  詩の朗読:堤腰和余、五十嵐敬生、紫圭子、星野祐美子
 
[PR]
by kira_hoshi | 2008-11-21 00:26 | ニュース
<< 吹奏楽のコンサート みんなで創ろう!京都ならでは国... >>