暑中お見舞い申し上げます

暑中お見舞い申し上げます。
7月初旬にイーハトーブに行ってきました!
水沢の宇宙遊学館や図書館、花巻の小学校でたくさんのみなさんと賢治さんの世界を味わいました。とても濃い時間でした。そしてイーハトーブパワーをチャージしてきました!
毎年このような機会を頂きながら、今年はふと「いつもパワーをもらうだけでなくそのパワーをどこかでお返ししなければ…」と。このところ消極的な私なのですが、少しずつ勇気を出していこうかな…と思います。

ところで、長野県御代田町で岩手県大槌町の郷土芸能「臼澤鹿子踊」の披露があると聞き、行ってきました。御代田町は浅間山の眺めが美しい町です。龍神まつりという龍伝説にちなんだ祭りが有名で、大槌町はそのお祭りのステージに招待されたのでした。二つの町は、東日本大震災の支援をきっかけに交流が続いているそうで、祭り当日も御代田町の社会福祉協議会の方々が大槌町のブースを応援しておられました。
f0135222_218320.jpg


笛や太鼓が鳴り響き、小さな子どもたちも含めて10人ほどの踊り手が踊り始めると、海風が吹いてきたような爽やかさを感じました。鹿子頭の長いタテガミは、ドロノキをカンナで削って苦労して作るのだそうで、さわさわと頭を揺らしながら踊る姿はとてもすてきでした。そして、子どもたちが立派に踊っていることにとても感動しました!
今回、拝見できてよかったです。いつかぜひ、大槌で見ることができたらいいな…。
岩手のまつりはこれから本番。今年の夏も各地で賑やかになりますように。
[PR]
# by kira_hoshi | 2016-07-31 15:54 | 希望郷いわて

春はすぐそこ

春まだ浅いイーハトーブに行ってきました。
とはいえ、今年は春の訪れが早く岩手山も早池峰山も残雪が少ないとのこと。
f0135222_811213.jpg
f0135222_8123136.jpg

とってもよいお天気に恵まれ、イーハトーブの大好きな山が二つともよく見えてうれしかったです~!またいつか、登りに行きたいなあ…。

今回は、石鳥谷図書館で朗読させて頂いて心がほっとしたり…。
いつもの皆さんとお会いしていつまでも尽きないおしゃべりしたり…。
賢治記念館でどっぷり賢治さんに浸ったり…。
いつものことながら、イーハトーブパワーをしっかりチャージしてきました。
昨年も、春、夏、秋とおじゃまして、その度にパワーをたくさん頂きました。
今年もたくさん行けるといいな…。

f0135222_814555.jpgパワーといえば、とても元気が出るおいしいパン屋さん√s(ルーツ)に会いました。
岩手の小麦と大切に育てた自家製酵母で焼き上げたパン。季節によって酵母はりんごだったりいちごや甘酒だったり…。友人がお土産に持たせてくれたのは伊予柑のパンだったのですが、もっちりしたパンの食感と爽やかな伊予柑の香りを楽しみながらおいしく頂きました。白黒ツインいちじくのパンもおいしかった~!
店主は明るくて元気な女性で、話をするだけで楽しくなります。弟さん(農園 たそがれ)は、「あたりまえ農業(農法)・普通栽培」をモットーに野菜を育て、養蜂もしています。(はちみつ濃くておいしかった~!)
すてきなお店はガレージを改装して作ったということでびっくり!
すごいなあ、がんばってるなあ…と思いながら、私もだんだんパワーが湧いてきました。(パワーありがとう~!)


f0135222_8152785.jpgそして私のパワースポットのひとつ、巨大ソフトクリームで有名なマルカンが閉館という噂だったのですが、その後のニュースで継続に向ける動きがあると聞きほっとしました。
次回は、リニューアルしたマルカンに行けるかな???

今年はいわてで国体(冬季大会は終了)があるので、ますます多くの方々が訪れることでしょう。たくさんの人が、イーハトーブの風や風景・人に出会って心安らぎますように。そして、何度も訪れたくなる心のふるさとを見つけることができますようにと願っています。
f0135222_815471.jpg

[PR]
# by kira_hoshi | 2016-03-27 08:22 | イーハトーブ花巻

イーハトーブのGW その4

イーハトーブの旅では、もちろん友人たちに会うことも心安らぐひとときで、盛岡や花巻では短い時間でしたがゆっくりと過ごすことができました。
f0135222_8371627.jpg

自分の暮らす場所では言えないことも、ここでは素直に話すことができて心の中に優しい風が吹き抜けたようでした。
リニューアルしたばかりの宮沢賢治記念館!
f0135222_8373899.jpg

外観はいつもの記念館でしたが、中の展示内容は随分変わりとても新鮮。でも迎えてくださったのはお馴染みの職員さんたちだったので、なんだかほっとしました。本当に、私にとってイーハトーブは心がほっとする場所です。
そして、ゴールデンウィークの旅の報告がやっと終わろうと言う頃ですが、そうこうしているうちにイーハトーブパワーがまたなくなってきました。(泣)
そこで、今度は奥州宇宙遊学館や胆江ゆめネットワークの皆さんに会いに、水沢に行ってきます!
パワーをしっかりチャージしてきたいと思います…。
[PR]
# by kira_hoshi | 2015-07-05 08:38 | 希望郷いわて

イーハトーブのGW その3

三陸では、復興して元気に走る三陸鉄道を見たいと思っていました。そしてもちろん、賢治詩碑を訪ねたいと思いました。震災の津波で被災した田野畑村の3つの詩碑「発動機船 一」「発動機船 第二」「発動機船 三」。震災後、そのエピソードが様々なメディアに取り上げられ紹介されていました。

「発動機船 第二」は、三陸鉄道北リアス線のカルボナード島越駅前にありました。
f0135222_7482268.jpg

震災から4年余り、三鉄が全線復旧して一年となり、島越駅もクウェート国他様々な支援で新しい駅舎が完成し、多くの人々で賑わっていました。駅の運営は地元の方々が担っていて、電車が着くたびにホームで乗客を温かく迎えている姿が印象的でした。
f0135222_74845100.jpg

賢治の詩碑は?とお聞きしたら「全部流されたけど詩碑だけはそのまま残っていた」というお話…心にじ~んときました。そしてその姿は…破損した箇所もありながら堂々と建っていて、思わず涙が出ました。建立当初、計画されていた向きを変更して建てたため、波にさらわれずに残ったのだそうです。
f0135222_749619.jpg

隣の駅、カンパネルラ田野畑駅前の「発動機船 三」も、すぐそこまで波が来ながら難を逃れたとのこと。2つの詩碑は、賢治生誕百年を記念して、地元の方々が田野畑の先人の姿を賢治さんの言葉に重ね、未来への願いをこめて建てたものでした。

そして「発動機船 一」の所在を田野畑駅で尋ねたら、港に近い場所に個人の方が思いをこめて建てたものだが、波にさらわれ後に発見され、今は持ち主のところに戻ったとのこと…とにかく無事だったことに安心しよかったと思っていたら、何の巡りあわせかその詩碑にも出会うことができたのです!あまりにも偶然なことに、これは賢治さんのご縁だと思いました。
詩碑との出会いをしみじみうれしく思い、「あまちゃん」の舞台となった三陸鉄道が元気に走っている姿を眺めながら、私自身がパワーをたくさんもらいました。
f0135222_749468.jpg

でも、震災から4年経っても土地の嵩上げや防潮堤の工事はまだまだこれからで、多くの方々がふるさとに帰ることができないでいます。それなのに、遠くに住んでいるともう復興したかのような気になっている…自分の認識不足を改めて反省しました。どこにいても忘れずに、思いを馳せること…。これからも続けていきたいです。
f0135222_7502028.jpg

[PR]
# by kira_hoshi | 2015-06-14 07:50 | 希望郷いわて

イーハトーブのGW その2


さあ、山の次は海!岩手山山麓を楽しんだ後は三陸海岸を目指しました。
それにしてもイーハトーブは広い広い!行きは外山高原、帰りは早坂高原を通ったのですが、道中は野越え山超えしながら清々しい景色です。草木が春の喜びに生き生きとしていて、風景を見るだけで元気をいっぱいもらいました。
早坂高原はちょうど白樺の芽吹きが美しく、ふきのとうやかたくりも咲き、春を迎えたばかりでした。
f0135222_9424015.jpg
f0135222_9454851.jpg

岩泉町の龍泉洞…一度訪れたいと思っていましたが、すごいところでした!
f0135222_9463556.jpg
f0135222_947574.jpg

そして、三陸のリアス式海岸は…想像を超えた絶景でした!!
f0135222_9472415.jpg

[PR]
# by kira_hoshi | 2015-06-06 09:48 | 希望郷いわて

イーハトーブのGW その1

ゴールデンウィークにイーハトーブに行ってきました!
花が一斉に咲きだす春の岩手…ぜひ一度行ってみたかったんです。
f0135222_12231838.jpg

今年は桜が早く小岩井農場の一本桜も葉桜でしたが、岩手山にはまだ雪が残りアスピーテラインの雪の壁を楽しむことができました。
f0135222_12235099.jpg

今回は、ただただ春の花と温泉を楽しむつもりででかけた旅でしたが、岩手山周辺をドライブしているうちにふと賢治ワールドに入ってしまい、携えていた「新訂/全国編 宮沢賢治の碑」(吉田精美/編著 花巻市文化団体協議会/刊)を見ながら“賢治詩碑オリエンテーリング”(?)が始まってしまいました。

きっかけは、岩手山を背景に春子谷地湿原(環境保護のため現在進入禁止)が見下ろせる場所に立つ詩碑、文語詩稿五十篇〔きみにならびて野にたてば〕に偶然出会ったことでした。春子谷地という名前に惹かれて入口に立ち寄ってみたら…そこに詩碑があったのです。風景と賢治さんの言葉がひとつに溶け合って、なんとも素晴らしく、感動しました。また後日、盛岡のもりおか啄木・賢治青春館の企画展「賢治・愛のうた展~作家、澤口たまみが読み解く宮沢賢治の恋ごころ~」に行き、この文語詩の「きみ」についての澤口さんの推察を知り、いっそう心に残る詩となったのでした。

そんなこんなで、吉田精美さんの本を頼りに八幡平、滝沢、雫石を車であっちへこっちへ…。まるでオリエンテーリングのように探し回り、設立されたエピソードを知りながら風景と言葉を深く感じることになりました。
f0135222_12244121.jpg

馬返し登山口
f0135222_1225250.jpg
f0135222_12252420.jpg

焼走り東側「鎔岩流」
[PR]
# by kira_hoshi | 2015-05-30 12:26 | 希望郷いわて

朗読お茶会 vol.63 秦家でお世話になりました。

何かとバタバタして、ブログのご無沙汰…すみません。

3月のことなのですが、「朗読お茶会」を行いました。
実は、長年お世話になった「四条京町家」が閉館となったため、「秦家住宅」で開催させて頂きました。
なんとも寂しい気持ちでいっぱいで、現在の四条京町家の姿を思うと心が痛みます。家だけでも残したいという多くの方々の思いがあったそうですが、本当に残念です。私は、様々なご縁をつないでくれたこの町家のことをいつまでも忘れずにいたいと思います。

そして「秦家住宅」で会をさせて頂いたこと、とてもうれしかったです。
秦さんにも、もう何年も応援して頂き、大変お世話になってきました。
秦さんとのご縁に感謝しつつ、「朗読お茶会」を支えてくださった皆さんにお礼申し上げ、63回目の会とさせて頂きました。

また会費は、会場費とお茶材料費を除いた5000円を岩手県陸前高田市のこども図書館「ちいさいおうち」に寄付させて頂きました。ありがとうございました。

「朗読お茶会」は、またいつか何かの形で再開できる日が来ることでしょう。町家の100年を思えば、「朗読お茶会」の10年なんてまだまだ…。私もまだまだ長生きします!!

f0135222_1983430.jpg

[PR]
# by kira_hoshi | 2015-05-09 19:11 | 朗読のご報告

桜、咲き始めました!

f0135222_1421170.jpg

[PR]
# by kira_hoshi | 2015-03-29 14:04 | 京都

聞いてくれてありがとう。

先日、いつもの小学校に行ってきました。
1・2年生には、「ないたあかおに」。
3・4年生には「葉っぱのフレディ」。
いずれも私の大好きなおはなしです。
だから何度も読んでいるのに、いつも心に感じることが同じではなくて…。
いろいろな思いが湧きあがってくるのです。
それがそのまま声に出てしまうのは、聞き手のことを考えるとよくないことですが、
こどもたちの前ではつい出てしまいます。
それは、こどもたちがホントに素直に聞いていてくれるからだと思います。

みんな!今年度も、おはなしをたくさん聞いてくれてありがとうね!
[PR]
# by kira_hoshi | 2015-02-15 21:13 | こどもたち

京都、雪景色のお正月

雪の元日、一夜明けると…
f0135222_1428867.jpg

雪の精が作ってくれた雪だるまもなかなかすてき!
f0135222_1428186.jpg

桜の名所、真如堂では雪の花が満開でした!
f0135222_1431348.jpg

[PR]
# by kira_hoshi | 2015-01-02 14:31 | 京都

2015年、あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。
f0135222_18223870.jpg

京都の2015年の始まりは、雪…。
下賀茂神社に初もうでに行きましたが、昼過ぎに雪が降り始めました。
そして、しんしんと降り積もり…屋根も道も真っ白です。
雪景色を見ながら私も心を真っ白にして、新しい年をスタートしたいと思います。
本年もどうかよろしくお願い申し上げます!
[PR]
# by kira_hoshi | 2015-01-01 18:25 | 京都

今年もあとひと月

あっという間に12月になってしまいました。
年々、早くなる時間を、どうしたらゆったりしたものに変えることができるのでしょうか?
(どなたか教えてください~!)

さて今年もあちこちおじゃまして、本を通じての人のつながりを実感しました。
また、高校生たちや古典の日に携わらせて頂き、自分が勉強する機会をたくさん頂きました。
最近とてもうれしかったのは、高校生の頃に国民文化祭のプレイベントでご縁のあった生徒が、大学でも放送サークルを続け、4年生になり就職も決まって、社会人になる希望に輝いている様子を知らせてくれたこと…。
こんなうれしいお付き合いが続くのも、朗読のおかげと思っています。
朗読をしていなかったら、こんなに世代や地域を越えた人との縁はなかったでしょう。
私にとって、生きることとつながっていることだと改めて思っています。

四条京町家で10年前に始めた朗読お茶会、今年は忙しすぎてできませんでした。
でも、無理をしないで会を続けていくことができればと思っています。
今年できなかったことは、来年に先送り…。
そして来年は、少しずつ、ゆっくりと、歩いていきたいと思います。
[PR]
# by kira_hoshi | 2014-12-07 09:15 | ニュース

イーハトーブ夏紀行③

慌ただしくしているうちに、9月はあっという間に終わってしまいました。
今年もいつものように大阪の民家集落博物館での「宮澤賢治の童話がたり」へ、チェロの三宅かおりさんと行ってきました!年々、こどもたちの参加が増え、うれしいことです。博物館の職員さんたちに、大変お世話になりました。
また、いつものように比叡山の賢治忌へ!
今年は、いつもより涼しく、素晴らしい秋晴れで、よい日でした。賢治さんもきっと喜んでいたと思います。
いつもの京都の小学校へも行き、こどもたちと本を楽しみましたが、1年半前に定年退職された校長先生を改めて思いだし心がじ~んとする日でした。

さて、7月に訪れたイーハトーブの報告もそろそろ終わりにしなければ…。(ほんとうにすみません)
イーハトーブでは、いつもたくさんの皆さんの温かさにふれて元気になります。今回も心がほっこりすることがたくさんありました。
水沢では久しぶりに「絵本の森」におじゃまして、胆江ゆめネットワークの皆さんと楽しい時間を過ごしました。
f0135222_848972.jpg

会の皆さんは、中学校でも読み聞かせをしていて、とても熱心に活動されています。ピアノの大金雅子さんとの出会いもこの会のご縁で…今年も宮沢賢治記念館のセミナーで大金さんと一緒に小学校へ行かせて頂き、1年~4年生までのこどもたちと賢治さんの世界を楽しみました。こどもたちの元気な声にパワーをたくさんもらいました!

それからパワーといえば、賢治さんをテーマに絵を描き続けている滝田恒男さんの山小屋でとある会(?)があり、心穏やかな時間を過ごさせて頂きました。とてもよい会でした。
今月、滝田さんはご自分で建てた山小屋「オリザの里」で展示会をするそうです。もう始まっているかな…。行きたいです~!
10月のイーハトーブ、もうすっかり秋の気配でしょうね。
7月の旅を思い出しながら、行きたい気持ちが高まっています。
ドラえもんのどこでもドア、欲しいです…。
[PR]
# by kira_hoshi | 2014-10-04 08:50 | イーハトーブ花巻

イーハトーブ夏紀行②

この夏、日本各地で災害が起き、ニュースを見ては心が痛みます。
災害にあった方々が、一日も早く元の生活に戻れますよう祈っています。
京都でもこのところ続き、自然の力の恐ろしさを改めて感じました。私はこの夏、あちこち移動することが多かったので交通機関の心配をしながらでしたが、なんとか無事に過ごすことができほっと一息ついています。

さて、イーハトーブの旅報告の途中でしたが…
今年の夏も、掛川と御前崎の図書館におじゃましてきました。
数えてみると、掛川市立大東図書館さんとは8年目のお付き合いになります。そのご縁で中央図書館さんにも、そして灯台村塾をきかっけに御前崎図書館さんにもおじゃまするようになり、夏の掛川・御前崎への旅が続いてきました。ひとえに図書館職員さんたちのおかげで、本当にありがたく思います。
中央図書館では大人向きに賢治作品を、大東と御前崎では親子向けの絵本を楽しみました。
道中、掛川の茶畑と御前崎の青空…広々とした景色を眺め、心が大きく(?)なったような気がします。また来年もぜひ、おじゃましたいです!

では、イーハトーブに戻ります。f0135222_9222832.jpg
今回、花巻市太田にある高村光太郎記念館にも行くことができました。東京で空襲に遭い、宮澤家に疎開した光太郎は、太田で7年間独居生活をしていました。
ずっと前におじゃましたことがあり、静かな森の中にひっそりと佇む資料館でひとときを過ごしたことがありました。また、光太郎が住んだ山荘は地元の方々が周りを囲むように小屋を作って保存していて、その心の温かさに感動したものでした。「智恵子抄」の中に、亡くなった智恵子に光太郎が山荘での暮らしについて話しかけている詩があるのですが、この場所に来るとしみじみ心に感じられます。

記念館は去年リニューアルされて、元々あった博物館の建物に移り広くなって展示も増えていました。
f0135222_9234910.jpg

何度でも、訪ねたくなる場所です。
[PR]
# by kira_hoshi | 2014-08-31 09:26 | イーハトーブ花巻

イーハトーブ夏紀行①

今年はいつもより早く、7月のイーハトーブに行ってきました!
そしていつものように心も体もリラックスして、イーハトーブパワーをチャージして帰ってきました!
短い滞在の間、水沢と花巻でみなさんにお世話になり、おしゃべりしたり温泉に入ったり、おいしいものを食べたり飲んだり…そしてもちろん賢治さんの世界に触れる時間を過ごし、とてもよい時間でした。私はこどもの頃から引っ越しが多く、もはや自分にとってどこが故郷かわからないのですが、住んだことがなくてもイーハトーブは“心のふるさと”で、大切な大切な場所です。
今回はなんだか話し込むことが多くて、写真を撮るのを忘れてしまうほどだったのですが(笑)、いくつかすてきな風景をご紹介します!
まず…
宮沢賢治記念館前のバス停から記念館まで階段ができていました!
f0135222_91620100.jpg

これによって安全に一気に、記念館まで登ることができるようになりましたが…367段はさすがに汗だくになりました。(笑)山猫軒の横まで5分ほどで行けますので、早いです。
記念館では今回も、職員の皆さんとお話したり、賢治さんの世界に触れたり…心やすらぐ時間を過ごしました。

今年の企画展は9月29日まで。
f0135222_9164927.jpg

今回も皆さんにお世話になって“イーハトーブあちこちミステリーツアー(?)”にお連れ頂いたのですが、こちらは「ざしき童子のはなし」に出てくる「更木」の渡し場跡の記念碑。
f0135222_9172558.jpg

この場所は古くから決壊することが多く、河童や座敷童子の話が伝わっているのだそうです。「ざしき童子のはなし」でざしきぼっこが渡し守に「更木の斎藤へ行くよ」と言ったその斎藤家はその後移築されて、今もざしきぼっこがいたという部屋が立派に保存されているのだとか。(我が家にもざしきぼっこ来て欲しい~!)

またまた、こちらは坂上田村麻呂ゆかりの円万寺観音山からの眺め。
f0135222_9174643.jpg

ここから見る花巻の田園風景は広大で、気持ちよかったです!
こちらにはチベット学の権威・多田等観の一燈庵があり、この春に龍谷大学のミュージアムでチベットの仏教世界展が行われたとき、花巻市博物館からの展示や館長さんの講演もあって気になっていたのに行けなかったので、心にひっかかっていました。

そしてこちらは、花巻の清水寺。
f0135222_9181132.jpg

日本三大清水の一つに数えられ、賢治さんも何度も訪れていたそうです。

いつもの大沢温泉では、今回は「大沢の湯」(女性専用時間ですが…)に挑戦することができました!夜8時~9時までだったので、川の音を聞き夜空を見ながらいつしか時を忘れました。
f0135222_9183332.jpg

本当に、よい時間を過ごしてきました。
[PR]
# by kira_hoshi | 2014-08-14 09:21 | イーハトーブ花巻

滋賀の高校生

f0135222_22511284.jpg





今年も滋賀県の高校放送部とご縁を頂き、先月と今月おじゃましました。
なんといっても、来年は滋賀県で高校総文が開催されるのです!
ずいぶん前から先生方からお聞きしていましたが、いよいよなのですね。
来年の夏が楽しみです!
[PR]
# by kira_hoshi | 2014-07-26 22:53 | こどもたち

新茶の季節

朗読お茶会でいつもお世話になっている宇治香園の小嶋あかねさんから、「謹賀新茶」のご挨拶とともに宇治の新茶が届きました!今年も新茶のシーズンですね。
f0135222_152527100.jpg

「新茶は熱めのお湯だときりっとした味に、少し冷ましたお湯だとやさしい甘みとスーとした香りを絶妙なバランスで楽しめます」というアドバイスを受け、まず冷ましたお湯でやさしい甘みを頂きました。
この甘みがなんとも言えず…おいしいです!
貴重な新茶なので、時間にゆとりのある時にゆっくり淹れることから楽しみたいと思っています。
今年は慌ただしくて、新茶の朗読お茶会を計画できませんでした(泣)。
でも、10年目に入った今年は、ゆっくり準備をして心の余裕を持ってやりたいなと思っています。
お茶を淹れる時間のように、のんびりゆったり行きたいと思います~!
[PR]
# by kira_hoshi | 2014-06-01 15:31 | 京都

小学校にて

春はよい季節です。
特に、新緑の京都は美しいです。
f0135222_1419171.jpg

             (永観堂のもみじも新緑)
でも、今年はひどい風邪が長引いて声変わり(?)してしまい、ほんとに困りました。
やっと元気になって皆さんに聞いてみると、この春はそんな風邪をひいた人が多いとか…。
乾燥が大敵だと思いますので、皆さん、お気をつけてくださいね。

さて、いつもの小学校に行ってきました。
5,6年生とは、「森の絵本」(長田弘/作 新井良二/絵)で心をし~んとさせ、「やまなし」(宮沢賢治/作 川村みづえ/絵)を楽しみ、「雨ニモマケズ」を皆で声を出して読みました。
うれしいことに、暗唱できる子が何人もいて、一緒に声を合わせるのはよい気持ちでした。
3,4年生とは、「そのつもり」(新井良二)「いたずらうさぎチュローチュ」(田島征彦)を楽しみました。そして「おじいちゃんのおじいちゃんのおじいちゃんのおじいちゃん」(長谷川義史)では大笑い。以前、長谷川義史さんが講演会で読んでいたのがとても面白かったのですが、とてもそんなふうにはできませんが、ページをめくって絵を見るたびに皆が笑い、「ひいひいひい…おじいちゃん!」と声を嗄らしながら必死になっている私の様子に皆が喜び…体力使いましたが楽しかったです。
こどもたちの無邪気な笑い声からたくさんのパワーをもらった一日でした。
[PR]
# by kira_hoshi | 2014-05-11 09:41 | こどもたち

宮沢賢治の時間5回目

今年も、藤城清治さんの影絵絵本で「銀河鉄道の夜」を読みました。
今回、読みながら所々に新しい発見があったのは、昨年9月に花巻で藤城清治さんの展示を見たためかもしれません。ちょうどオープニングの日だったので、藤城さんのお姿も拝見し感動しました。また、「銀河鉄道の夜」を影絵で上演した際のセットの展示もありその世界に浸ることができたので、絵本をより立体的に感じられるようにもなりました。
それなのに、なんだか心の中がもやもやして、この小学校での7年間で初めて、「銀河鉄道の夜」を複雑な心境で読んでしまいました。言葉の所々にとまどいを感じ、考えながら読むような感じでした。何か、今までとは違うことを感じるのですがうまく言葉になりません。読むことに集中できず、ちょっぴり心残りとなりました。(泣)こどもたちには申し訳なかったのですが、これから心の中のこのもやもやを消化して整理していきたいです。

かわって1年生とは「あまがえるさんなぜなくの」(キム・ヘウォン/文 シム・ウンスク/絵 池上理恵 チェ・ウンジョン/共訳)「アントンせんせい」(西村敏雄)「スーホの白い馬」(作/大塚勇三 絵/赤羽末吉)を楽しみました。無邪気に喜びながら、大事なところでし~んと聞いてくれるこどもたちに、私自身、心が洗われました。こどもたちと一緒に本を楽しんでいると、純粋に本の世界を感じることができます。そして、心が豊かになります。今年も、この小学校におじゃましながら「心の豊かさ」をたくさん分けてもらいました。本当に、幸せなことだと思っています。

震災から3年…今年は街頭募金のお手伝いができず、一人で思いをはせる日となりました。
あの時、皆が大切に感じた「心の豊かさ」は、物が氾濫する中で薄れてきたように思います。
そしていつの間にか、「人を思いやる心」を忘れているような気がします。普段からの心のつながりがどんなに大切なものかわかった今、まず自分の目の前でこつこつとできることをしていかなければということを、今年もこどもたちと本を楽しみながら改めて思いました。

今日は京都市内の小学校の卒業式です。
6年生の手に、各自が書いた「宮沢賢治の時間」の感想が渡されます。
それを読んで、その時間のことを思い出してもらえるといいな。そしていつかきっと、また賢治作品に出合ってくれるといいな。そして、どんな時もどんな状況にいても、賢治作品から「心の豊かさ」を感じられるといいな…。ちょっと欲張りですが(笑)、私はそんな希望をもっています。
[PR]
# by kira_hoshi | 2014-03-20 08:49 | 宮沢賢治

春が来た~!

京都にもやっと春がやってきました!
まずは、京都御苑の梅林。7分咲きくらいでしょうか?
f0135222_2354481.jpg

その隣の桃園は…もうすぐですよ~!
あと一週間もすれば…。
f0135222_2355624.jpg

鴨川ではぼけの花が咲き始めて…
f0135222_23552241.jpg

早咲きの桜もきれいです。
f0135222_23555023.jpg

ソメイヨシノの蕾はまだ硬いですが、
もうすぐ春ですよ~!
[PR]
# by kira_hoshi | 2014-03-17 00:02 | 京都