カテゴリ:希望郷いわて( 76 )

岩手と宮城、行ってきました!③

9月21日、花巻の賢治祭は、南城小学校の体育館で開催されたようです。
20年前に初めて花巻を訪れた時、幸運にも賢治祭に参加することができたのですが、今では比叡山の賢治忌に参列するようになり、花巻にはおじゃますることができません・・・。
ドラえもんの「どこでもドア」があれば両方に参加できるのですけど。

ところで、ブログのUPが停滞しているうちに、東北旅行から一月が経とうとしています。
なかなか進まなくてごめんなさい。今日は、賢治さんの贈り物のはなしです。

今回、花巻に行くにあたって賢治さんのビッグ・プレゼントがありました。
それは、「賢治の世界セミナー」(以前の「風のセミナー」)で、2つの学校に行かせて頂いたことです。
実は、京都を発つ1週間前に宮沢賢治記念館からお話を頂き、本当にびっくりしました。
このセミナーは、宮沢賢治についてこどもたちや市民が学ぶもので、2年前には私は3つのセミナーに参加させて頂き、とても心豊かな時間を過ごしました。それだけに、未熟者の私が担当させて頂いていいのだろうかと悩みましたが・・・賢治さんのビッグ・プレゼントだと思って、覚悟を決めてお引受けしました。
そして、とっても楽しかったです~!
ひとつの小学校では、「どんぐりと山猫」を読んで、皆で詩を読んで遊びました。家から持ってきてもらった「音の出る道具」は、いろいろな工夫があって面白かったし、みんなとてもよい声で詩を読んでいました。
もうひとつの学校、前田小学校では、全校13人のこどもたちと一緒に、又三郎の「どっどど」の詩を楽しんだり、「セロ弾きのゴーシュ」を聞いてもらったりしました。
この前田(まえた)小学校、今年度で残念ながら閉校になってしまいます。ブログでのご紹介に許可を頂いたので、ここで校内をご紹介しますね。f0135222_0181473.jpg
実は、テレビドラマ「鬼ユリ校長走る!」の舞台、「太陽小学校」として撮影が行われた小学校なんです!
f0135222_0194016.jpg




廊下には出演していた樹木希林さんや渡辺まりなさんのサインが・・・!



そして卒業制作などで、賢治さんに関する制作がたくさん残されていて、校内の壁や体育館は賢治さんの世界で飾られていました。
f0135222_0203693.jpg


f0135222_02368.jpg
大沢温泉と鉛温泉の間にあって、すぐ近くに豊沢川が流れています。なんだか、「風の又三郎」の学校みたい、こどもたちもシャイな山のこどもたちです。
それにこのネコのイス、セロ弾きのゴーシュにぴったりで、使わせて頂きました。(用務員さんの手作りだとか)学校内のあちこちに、賢治さんの世界があって、とても楽しかったです。次の春、こどもたちは新しい学校へ巣立っていくのですね。
きっと、この校舎の風景は、こどもたちの心にずっと残ることでしょう。

そしてもうひとつ、花巻に行くとおじゃまする、いつもの小学校にも伺いました。
初めておじゃました時には1年生だった子が、今年は6年生になっていて・・・なんだか感慨深いです。
私はちっとも大きくならないのですが(笑)、こどもたちは確実に成長しています。私には何もできませんが、いつも先生方やこどもたちのサポーターでありたい、と思いました。
[PR]
by kira_hoshi | 2011-09-26 23:58 | 希望郷いわて

岩手と宮城、行ってきました!②

9月21日は賢治さんの命日で、毎年この日に、京都では比叡山延暦寺の賢治さんの歌碑前で法要が行われます。ところが今年は、台風15号の影響で会員の参列はできなくなってしまいました。
台風の影響が広範囲にわたり心配です。どうか、どうか、大きな被害がありませんように・・・。

f0135222_23523048.jpg8月末に花巻を訪れた時、宮沢賢治記念館におじゃましました。季節柄、修学旅行生も多く記念館はとてもにぎやかでした。でも、周囲の風景はとても静かで心が休まりましたし、記念館の皆さんとおしゃべりして、とても温かい気持ちになりました。私にとって賢治記念館は、そんな場所になっています。
いつもおじゃまする図書館にも遊びに行きましたが、こちらでは、図書館ボランティアの皆さんが手掛けておられた大型紙芝居が出来上がっていました。小学校での披露を待つばかり・・・私も見たいです!

今回、一関で初めて途中下車しました。お目当ては「石と賢治のミュージアム」。賢治さんが勤めた、旧東北砕石工場の建物や坑道も残っています。f0135222_2353556.jpg
入口からして、もうすでにわくわくする感じだったのですが、中の展示もとても楽しかったです。
何しろ、親切にご案内してくださった方が・・・館長さんだったのです!おかげで工場主・鈴木東蔵と賢治さん、石と物語、の関係がとてもよくわかり、またちょっとだけ石が好きになりました。
そういえばこの夏、静岡の奇石博物館にも久しぶりにおじゃまして丁寧な説明をして頂いたところでしたが、一関でも改めて、「石」に関わる方は、とても誠実な方が多いと再確認!!
賢治さんに関する図書も充実していますし、ぜひまた、ゆっくりお訪ねしたいです!
[PR]
by kira_hoshi | 2011-09-21 23:53 | 希望郷いわて

岩手と宮城、行ってきました①

ご報告がすっかり遅くなってしまいましたが、8月末に岩手と宮城に行ってきました。
たくさんの人に会って、たくさんおしゃべりしてきました。
賢治さんのふるさと花巻や民話の里・遠野では、いつもと変わらぬ風景に少しほっとしました。
でも、知人のみなさんとおしゃべりしてみると、心の中にはいろいろな思いがあって・・・ただただ、お話をお聞きしながら、私もいろいろなことを感じました。

f0135222_0103143.jpgさて、花巻のみなさんと盛岡観光に行きました。「盛岡てづくり村」では、盛岡冷麺や南部せんべい作りをわいわいと体験して食べました。おいしかった~!(笑)
村の中には、木工や染め物、南部鉄器などの仕事場もあり、職人さんの作業も見学できるようになっています。こどもたちの社会見学も多いそうです。


f0135222_8424186.jpg
そして小岩井農場では、牛乳工場でおいしい牛乳やヨーグルトを頂きました。工場の窓から見える狼森(おいのもり)に大感激!ほんとに狼が寝ているようです。

そしてその後は・・・桜山神社参道にある「白龍(パイロン)」で「じゃじゃ麺」!
うどんのような麺の上にきゅうりやねぎ、生姜、そして肉みそ・・・すごいボリュームでおいしかった!最後に生卵を割りいれて麺のゆで汁を入れると「チータンタン」というスープになるのですが、おなかいっぱいだったので味見だけ・・・。
気がつけば、盛岡観光はいつしかグルメ旅行になっていました。(笑)

賢治さんが「注文の多い料理店」を出版した光原社も、岩手大学の農業教育資料館も、賢治さんを感じられる場所でした。農業教育資料館の建物は、国の重要文化財に指定されています。このような建物が保存され、さらに資料館として公開されているということ、とてもすてきなことだと思いました。閉館時間に追われて、賢治さんの資料も駆け足で見学したので、またゆっくり訪ねたいです。
f0135222_0122590.jpg

これから秋の行楽シーズン、町や村では祭りもありますし、いっそう賑やかになりますね。
早くも・・・また行きたいです~!
[PR]
by kira_hoshi | 2011-09-18 00:16 | 希望郷いわて

鴨川納涼

今年も、京都の夏の風物詩、鴨川納涼の季節になりました。
鴨川の四条から三条まで、ずらっとテントが並びます。
各県人会のおいしいものがそろって、あっちからもこっちからもいいにおい・・・。
でも、いい音が聞こえてくるのは岩手県人会だけ!
f0135222_23183855.jpg

岩手のテントの軒先には、南部鉄器の風鈴がずら~り。
小さなものや大きなもの・・・とても涼しげな音を響かせていて、大人気でした!
その他、南部せんべいに盛岡冷麺、リンドウの花・・・そして今年は冷たいずんだ餅だんご!
ずんだ、あんこ、ごまあん、と種類も豊富で、男性にも女性にも喜ばれていました。
f0135222_23192612.gif

テントの前の沿道はすごい人で熱気むんむんでしたが、鴨川では友禅流しの実演も行われ、とても涼しげな風景でした。昔から鴨川での夕涼みは流行だったようですが、今も同じ・・・。
鴨川納涼は、明日も夕方から開催されます。
今年は震災が起きたこともあり、東北の県人会はいつも以上に一生懸命がんばっています。
そういえば、「京の七夕」イベントで、西陣織会館に「いわて三陸復興食堂」が10日までオープンするそうです。また、京都の清水寺でも、南部風鈴の涼しい音色が響いています。
夏の京都は、いろいろな場所で「いわて」に会えそうです!!
[PR]
by kira_hoshi | 2011-08-06 23:21 | 希望郷いわて

希望郷いわて

40代に近づく頃から、自分のルーツについて考えるようになりました。
それは、川端康成の「雪国」を朗読しながら、雪景色に心ひかれ、何度も何度も朗読会で読むことになったという経験からです。どうしてこんなに心魅かれるのだろう・・・と思ったのですが、それは雪国のDNAのせいでしょう。

私は両親とも雪国新潟の出身で、私自身も新潟で生まれました。その後、小学校2年生くらいまで福島にいて、それから神奈川県に移り実家は今も神奈川です。江の島と海と富士山の見える場所で過ごしながら、雪国の体験は断片的なものになり、新潟のおばあちゃんの家の雪の多さや、小さい頃に行った福島の会津磐梯山・猪苗代湖なども写真だけの思い出となっていました。

でも、「雪国」を朗読しながら、あまりにも鮮明に雪景色が心に浮かんでくるのです。
20代の頃はそんなことなかったのに、40に近づいてなんだか自分の中に流れる東北の血を感じました。もう15年も関西に住んでいるのに、どうも関西弁はちっともしゃべれず、年を経るにつれて東北の言葉のイントネーションに懐かしさを感じるようになっています。小さい頃の記憶って不思議なものですね。
また、岩手の皆さんとのお付き合いしながら、真面目で頑固な東北人気質にひかれますし、うそのない正直さに居心地の良さを感じています。私の亡き父もそんな人で、若い頃はずいぶん父とぶつかりましたが、今思えば東北人気質の父が大好きです。
そして私も・・・頑固者かも???それもDNAのせいでしょうか。(笑)

本日、岩手県より「希望郷いわて文化大使」の委嘱状が届きました。
「賢治さんのご縁」と思い、恐れながらお引き受けしてから今年で4年目・・・。
今まで何もお役に立っておりません。でも、今後、岩手の復興を応援したい、何かお役に立ちたい、そんな気持ちで心新たに今年度の委嘱をお受けしました。昨年から花巻市の「花巻イーハトーブ大使」もお引き受けしていますし、微力ながら今後岩手のためにお役に立ちたいです。
岩手県はHPに「いわて復興ネット」のサイトを立ち上げ、復興についてのビジョンを示しています。岩手ばかりでなく、宮城、福島・・・復興に向けてこれから長い道のりになりますね。
「東北のこれから」は、「日本のこれから」となる大事な道のりだと思います。
[PR]
by kira_hoshi | 2011-04-30 18:14 | 希望郷いわて

葉桜

桜が咲いて、散って・・・葉桜になりました。
いつの間にか、新緑の季節になっていました。

先週末まで、京都岩手県人会は土日ごとに募金活動をしていました。
会員の皆さんは60代~70代が多く、私にとっては親戚のおじちゃんおばちゃんのような存在です。京都の暮らしが長くても、やはり皆さん東北人・・・。真面目でがんこで言葉少ないところは、新潟出身の私の父と似ているなと思います。
可能な限りお手伝いしながら、このひと月あまりはいろいろなことを考えました。
私達以外にも、いろいろな団体がそれぞれの思いをこめて街頭に立っています。
そして、募金くださる皆さんも、様々な思いをこめて募金をしてくださいます。
一人ひとりの心が集まって大きな力になるのだと、本当に実感しました。
3月は雪も降り、凍えながらでしたし、一日立っているとご年配の会員さん達は、腰が痛そうでしたが、皆さん我慢強くて粘り強くて・・・。一緒に街頭に立ちながら、いろいろなことを学ばせて頂きました。

4月17日、「語りの里」第4弾も無事終了しました。
いろいろな思いを持っての開催でしたが、参加の皆さんのお顔を拝見していると本当に楽しそうで・・。
また、「語りの里」のブログもぜひご覧ください!
[PR]
by kira_hoshi | 2011-04-21 23:47 | 希望郷いわて

明日で一カ月

明日で震災から一カ月になります。
あの日は京都も特別寒い日で、雪もちらちら舞っていました。
それから一カ月・・・今日は京都市中心部のソメイヨシノが見ごろとなりました。

どんな時でも、ちゃんと春が来て花が咲きます。こんな時の自然は優しいなと思います。でも、自然は厳しいことも多く、人はそれに対して抗う力などないのですね。大自然の中で、人はただ生かされているということに改めて気付きました。
でも、人は強いです。希望を持って、生きようとする力を持っています。様々な絆から力を得ることができます。そして桜のように、いつか花を咲かせるのですね。
このところ、岩手から届くメールや手紙を何度も読み返しながら、岩手の皆さんのまっすぐな言葉に感じ入っています。信じられないような現状をしっかりと受け止め、それを乗り越えて行こうとする強さが伝わってきて、私もしっかりと進まなければと思います。

今年の桜は、見頃が短く、花の色もいつもより白く儚いような気がします。
東北にも、早く桜が春を告げてくれますよう・・・。
f0135222_2333714.jpg
(京都府庁旧本館中庭のしだれ桜)
[PR]
by kira_hoshi | 2011-04-10 22:55 | 希望郷いわて

石巻で、9日ぶりにおばあちゃんと孫が発見されたとのニュース!
よかったです!!早くお元気になりますように・・・。
そのニュースを見て、孫3人と一緒に暮らしている私の母は、「2人一緒だったからがんばれた・・・」と涙しておりました。母も普段から、知らず知らず孫に励まされて、元気でいることができていますので・・・。

また、危険な仕事を終えたハイパーレスキュー隊の隊員さん。
隊員同士、困難な任務を全うしながらお互いを思いやる言葉、出動前の妻とのメールのやりとりに、胸が熱くなりました。
会見で紹介されたメールの言葉・・・夫婦が互いにしっかりと信頼して結んでいる絆が感じられました。

「人」と「人」の絆は、どんな困難な時にも必ずあると信じています。
何もかもなくしても、新しい絆ができていくと信じています。
今なお辛い状況の中にも、たくさんの絆が結ばれていきますよう、祈っています。
[PR]
by kira_hoshi | 2011-03-20 23:36 | 希望郷いわて

京都岩手県人会

今日、京都岩手県人会による街頭募金活動に参加しました。
午前中だけしかお手伝いできなかったのですが、その間に、なんと多くの方々が募金にご協力くださったことか・・・。この震災に心を痛めて何かしなければ、という方々がたくさんいらっしゃるのですね。「岩手に住んでいた」とか「岩手に知り合いがいる」と声をかけてくださる方もいらっしゃいましたし、「福島から避難してきた」という方は「テレビの映像よりももっと大変。とても言葉にできない。」とおっしゃっていました。

午後から「朗読お茶会」があり、四条京町家に向かいました。
いつもと同じように、町家の空気に包まれて朗読することで、心が落ち着くはずでした。
でも、読み終わっても心がざわざわしておりました。今回のプログラム「雛」(芥川龍之介)は、「見世」や「土蔵」が出てきて町家にぴったりな物語だったのに、皆さんにうまくお伝えできたかどうか・・・。また、高村光太郎の「智恵子抄」は、光太郎が智恵子に宛てたラブレター詩を選んだつもりだったのに、皆さんの前で声に出してみると、心のスイッチが違うところに入ってしまい・・・本当に、未熟な私です。

お客さんにお話し、今回の「朗読お茶会」で頂いた会費は、岩手県人会の募金に寄付させて頂くことにしました。また、岩手県と私のご縁を気にしてくださったお客さんが、袋にいっぱいの小銭を「岩手県に」とくださったり、帰りに岩手県人会の街頭募金に協力してくださった方もいらっしゃいました。温かいお気持ち、本当にありがとうございます。

広域にわたる大震災と思うと、岩手県のことばかり言ってはいけないのですが、私も県人会の仲間に入れて頂いて5年ほどになります。賢治さんのご縁で入会させて頂いて以来、夏の鴨川納涼、冬の女子駅伝・・・楽しい行事に参加しながら皆さんと親しくさせて頂いてきました。また、岩手におじゃまする度、大切な人と場所が増えていき、今はすっかり私のふるさとになっています。そのふるさとが、大きな震災に見舞われるなんて・・・。

京都岩手県人会は、明日も高島屋京都店の前で街頭募金活動をします。
また、大阪では関西岩手県人会が21日と25日に難波で、22日には梅田で街頭募金を行います。ふるさとへの支援を、まず、今できることから・・・。
[PR]
by kira_hoshi | 2011-03-19 23:08 | 希望郷いわて

プロフェッショナル

今日彼岸の入りに立ち寄ったお寺で、日中法要が行われていました。
震災で亡くなられた方々のために、観光客も先祖のご回向に来られた方々も、一緒に祈りました。

1週間たって、様々な状況がわかるにつれ、命をかけたプロの仕事も耳にするようになりました。
こどもたちを安全に避難させた学校の先生方。
救助に入った警察や自衛隊の皆さん。
被災地で、患者さんの治療を続けるお医者さんや看護師さん。
原発の影響で屋内待機をしながら、利用者さんのケアを続ける介護職員さん。
そして、危険な作業に従事する自衛隊、機動隊、東電の方々。
そんな方々に、遠くからがんばってくださいと言うだけしかできないのは、やりきれない気持ちになります。

でも、今、自分にできること・・・。
明日、午前10時~16時、京都岩手県人会は高島屋京都店の前で募金活動をします。
私もまず、自分にできることから・・・。
[PR]
by kira_hoshi | 2011-03-18 23:44 | 希望郷いわて