カテゴリ:朗読のご報告( 88 )

秋の夜なが、星空と灯りの朗読会

すみません。なんだか、バタバタしております。f0135222_084060.jpg
でも、元気にしておりますのでご安心ください。
南丹ものづくりの祭典のご報告をしなければ・・・。
10月31日は、一日快晴で雲ひとつないお天気でした。
南丹市の新光悦村にはテントが並び、南丹の物産でにぎわっていました。f0135222_092789.jpg

いつもお世話になっている、そのべ本陣の「まちなかを再発見する会」のみなさん!f0135222_0113575.jpg
芋煮、とってもおいしかったです~!

会場内のステージでは様々な催しが行われていたのですが、夕方からは「秋の夜なが、星空と灯りの朗読会」・・・。4時に点灯式が行われた灯りは、闇が濃くなるにつれて光を増し、空では月と星が輝きだすという、すてきな演出の中、秋の詩や物語、皆さんからご応募頂いた手紙などを読ませて頂きました。なんだか、とてもすてきな体験でした。読みながら、だんだん気持ちよくなてきて・・・自分が読んでいることを忘れそうでした。
[PR]
by kira_hoshi | 2009-11-05 23:54 | 朗読のご報告

尺八、岩本さんの演奏会

知りませんでした。こんな立派な建物が京都市左京区岩倉の住宅地の中にあるなんて・・・。f0135222_23524266.jpg
滋賀県の余呉町にあった築160年の古民家を移築したのだそうです。
銅板がかぶせてありますが、屋根は茅葺。中に入ると、太い梁と囲炉裏が別世界に連れて行ってくれます。箱階段を登って上に上ると、屋根裏部屋があります。その昔は蚕を飼うための場所だったそうですが、今は居心地の良いロフトになっていました。
この家の土間に、岩本さんの尺八の音色がよく響きました。やはり、土や木の家には竹の音色はぴったりです。そして、ガラス作家の東ユキヤスさんの作品が彩りを添えていて、不思議な空間を創っていました。
私はといえば、天井が高く空間が広いので、声が吸われていくような気がして、結構必死になって朗読していました。また、竹取物語など必死にならざるを得ないプログラムだったので、ほんとに必死でした(笑)。
いつもいつも・・・必死です。でも、それでいいです。一回、一回、初めての方との出会いですから。何回読んでも慣れきることなく、いつも初めての気持ちを大切にしたいです。
岩本さんの「巴の宴」、次回12月は箏、琵琶、尺八のユニット那々の登場だそうです。みなさん、ぜひ、別世界を味わいにいらしてください!
[PR]
by kira_hoshi | 2009-09-27 23:55 | 朗読のご報告

「朗読お茶会」満5歳となりました!

四条京町家「朗読お茶会」が、このたび満5歳となりました。
f0135222_20445247.jpg

9月はいつものように、「親子の時間」も「大人の時間」も賢治さんを読みました。
5周年のお祝いにと、岩手県大阪事務所さんからはお客さんへのお土産を頂き、皆さんに喜んで頂きました。私、「希望王国いわて文化大使」を務めさせて頂きながら、何もしていなくて・・・お世話になってばかり。こんなことでいいのでしょうか・・・。
岩手日報大阪支社さんが取材に見え、今日の新聞に記事が掲載されたそうです。(花巻からメールが来て、びっくりしました!)このような小さな会を取り上げて頂いて、申し訳ないです。それも、ほんとに、ただただ自分が好きなものを読んできただけなのですから・・・。
淡々と続けて来たつもりなのですが、月1回を目標に続けるというのは、無理してがんばらなければいけないこともありました。それでも、休むことなく読み続けることができたのは、町家と町家スタッフ(京都伝統産業青年会の皆さん)、お客さんといつも手伝ってくれる友人達のおかげです。
今では、月に一度、この家で過ごす時間が私にとってとても大切になっています。
5周年を機に、月1回という目標にこだわらないことにしました。今後は不定期になりますが、やはり淡々と続けていきたいと思います。皆さん、またぜひお越しくださいね~!
[PR]
by kira_hoshi | 2009-09-13 21:08 | 朗読のご報告

おりがみとのコラボは楽しかったです!

「宮沢賢治★ことばとおりがみの出会い」、とっても楽しかったです!
f0135222_105053.jpg

f0135222_112525.jpg「どんぐりと山猫」のお話と一緒に、リスや山猫やどんぐりや・・・馬車まで出来上がっていき、私もびっくりして自分が読むのを忘れるほどでした。(おっと、たいへん)
こどもも大人も乗り出して見ていて、途中、歓声も聞こえたり・・・いつもの朗読会とは違う雰囲気でとっても面白かったです。f0135222_121341.jpg
そして、おりがみワークショップ、おりがみなんですが・・・なんだか祥子さんはとてもキビキビしていて、体育の先生のようでした。(笑)
あっと言う間に時が過ぎ、皆さん、山猫とどんぐりを大切に持って帰って行きました。
なんだか、よい時間でした・・・。こどもたちには、夏休みの思い出のひとつになったでしょうか。

そして、その後、京都の夏の風物詩「鴨川納涼」へ!
お目当ては、もちろん、岩手県人会のテント!イカ焼き、南部せんべい、三陸わかめに盛岡冷麺・・・岩手の名物が勢ぞろいしていました。鴨川では友禅流しも行われて、とても賑やかでした。
鴨川納涼は、明日も夕方から開催されます。夕涼みがてら、ぜひお越しください~!(岩手のテントへ!)
f0135222_123558.jpg

[PR]
by kira_hoshi | 2009-08-09 01:06 | 朗読のご報告

ワークショップ、楽しかったです~!

昨日、「五感を使う朗読ワークショップ」終了しました!
当初お申し込みが少なかったので、のんびりやろうと思っていたところ、高嶋さんの“ピピー”のおかげで(笑)当日直接お越しの方がたくさんいらっしゃり、うれしい悲鳴~!本当に、ありがとうございました。それぞれのお声が聴けて、私はとても楽しかったのですが、皆さん、ご満足頂けましたでしょうか?
ワークショップでいつも思うのは、声って不思議だなあ・・・ということです。初対面でどんな方なのかわからなくても、声を聴くとそれとなく人となりを感じることができます。そして同じテキストを朗読しても、人によって全く違います。まさに、声は人そのものなのですね。
・・・と思うと、自分を省みて恥ずかしくなりますが(笑)。

f0135222_184764.jpgいつもながら、参加の皆さんほとんどが私の人生の先輩でした。人生未熟な私には、まだま出せない味があります。一人、女子大生が来てくれたのですが、こちらはとても瑞々しく、さわやかで・・・。
私は今、さわやかでも、味があるでもない・・・中途半端なところにいるのだな~と思いました。そろそろ、ダシが出てくる年齢のはずなんですけど(!?)。
人生、まだまだですね!ま、あせらず歩いて(走って?)いきま~す!

そして今日は、宇治市中央図書館で職員の皆さんによる「よだかの星」の朗読劇を見てきました。練習時間を取るのも大変だったと思うのですが、それぞれの声にそれぞれの思いを感じ、すてきな「よだかの星」を聞かせて頂きました。やはり、声って不思議です。一人でも大勢でも・・・何かが生まれます。それは、目に見えないものなのですけれど・・・。
[PR]
by kira_hoshi | 2009-07-12 18:50 | 朗読のご報告

四条京町家は観光ポイント!

四条界隈は提灯が吊るされて、すっかりお祭りムード。f0135222_23164221.jpg
どこかから祇園祭のお囃子の練習も聞こえてきます。その音色に誘われてか、今日の町家は観光の方でにぎわっていました。他府県の方も多く、町家が見たくて・・・という方も。
京都の町家、ブームですものね。でも、もう10年ちょい前だったら、もっと残っていたのに・・・。残すことって大変なことなのだな~と改めて思います。

ところで、今日の「朗読お茶会」は、観光のお客さんやおなじみのお客さんと会話して、とてもアットホームでした。おかげで苦手な太宰も、とても楽しく読めました。楽しく読んだら、ちょっとだけ太宰が好きになりました。やはり、皆さんの前で声に出してみないとわからないことがあるのです。
声を出すって不思議なことですね・・・。
次回の朗読お茶会は9月12日(土)・・・記念すべき50回目!五周年を迎えます。
みなさん、ぜひお越しください!
[PR]
by kira_hoshi | 2009-07-05 23:18 | 朗読のご報告

朗読&チェロ 言葉と音色のコンサート 終了しました

昨日、楽町楽家のイベント「言葉と音色のコンサート」が無事終了しました。
お越しのみなさん、ありがとうございました!
今年のプログラムは、賢治作品ばかりになってしまいましたが、それだけやはり賢治さんの言葉とチェロの音色がぴったりくるんです。三宅さんとも、もう3年ほどになりますが、なんだか一緒にいればいるほど、言葉がチェロにチェロが言葉になっていくような・・・そんな心地よさを感じています。f0135222_1927507.jpg
また、遊子庵のお座敷がとてもアットホームで気持ちよかったです!お客さんがリラックスしている雰囲気が伝わってきて、こちらもとてもほっこりしました。まさに、町家の魔法ですね。みなさん、ご自分の家のお座敷のように、くつろいでくださっていたのではないでしょうか。

今年で5回目の楽町楽家。音楽を聴いたり、展示を見たりしながら、町家の本来の良さを見直し、また新しい発見がある・・・そんな催しです。まだまだ、今週末までイベントがたくさんありますよ~!ぜひ、町家で過ごす時間を楽しんでください!
[PR]
by kira_hoshi | 2009-06-08 19:31 | 朗読のご報告

朗読お茶会の後、藤原真理さんのチェロを聴きに・・・。

しとしとと降り出した雨が、新緑の緑や庭の石をしめらせて・・・今日の町家はしっとりムード。こんな日も、とっても町家日和!なんだか、心がとても落ち着きます。f0135222_0301356.jpg
そんな中、今日は久しぶりに親子もたくさん見え、とてもにぎやかになりました。
続く大人の時間も、「北守将軍と三人兄弟の医者」をリズムに乗ってなんとか読みきりました!
これ、リズムが難しいような楽しいような・・・。
まだまだ研究しなければと思っています。

そして、朗読お茶会の後は・・・藤原真理さんのチェロコンサートのため、法然院へ!
これがとってもよかったです~!
藤原真理さんの演奏は一度お聴きしたいと思っていました。
賢治祭で賢治さんのチェロを弾いていらっしゃる方ですし、テレビで演奏を拝聴し、かっこいいな~と憧れていて・・・。その真理さんの演奏を、ホールではなく法然院で聴けるというのも、とて魅力的!とても楽しみに伺いました。
プログラムはバッハの無伴奏チェロ組曲5番、6番。折からすごい雨が降ってきたのですが、雨が葉っぱにあたる音も音楽の一部のようにチェロのメロディーに溶け合って、調和していました。
こんな雨降りだと、湿気で楽器の調子が悪く、いつもの倍の力が要るそうなのですが、法然院の本堂の風景ともすっかりひとつになった真理さんの演奏は、とてもゆったりとしていて時が経つのを忘れるほどでした。ほんとに・・・よかったです。こんな真近で、生で聴けるなんて・・・。
コンサート終了後、法然院からバス通りに出る道を友人達と歩きながら、各々いつまでも余韻にひたっておりました。この余韻、今夜の夢の中まで引っ張りたいです・・・。
[PR]
by kira_hoshi | 2009-05-17 23:54 | 朗読のご報告

そのべ本陣の思い出

先日の「そのべ本陣・春」の時のおはなし会の写真を頂きました。
f0135222_23482576.jpg

旅館合羽屋さんのお座敷はとても居心地がよかったです。
こどもたちも、とてもリラックスムードでお話を聞いていました。こんなにたくさん参加してくれていたんですね、びっくり~!こちらは、その直前に見たカブトムシ相撲の応援でくたびれてしまい、ちょっと息切れしていて、全体がよく見えていなかったかも(笑)。
みんなは、クワガタの幼虫や駄菓子をもらって大喜び。「園部に生まれてよかった~!」なんて言っている子がいて・・・とっても楽しかったんですね。大人がこどもの参加場所を作り、本気で遊んでくれることが楽しかったのじゃないかな?と思います。地域のみなさん、がんばっておられましたもの。
私も、「園部に行ってよかった~!」と~っても楽しかったです!またおじゃまします~!
[PR]
by kira_hoshi | 2009-05-12 23:50 | 朗読のご報告

園部のまちなか再発見!

五月晴れの日に、電車に乗って園部に行ってきました!f0135222_0462841.jpg
山陰線は、嵯峨嵐山から保津川を眼下に見ながら鉄橋を通り新緑の谷間を走って行くので、本当に気持ちが良くて園部駅に降りた時はすっかり旅気分でした。
今日は、菅原道真が生前建てたという神社、生身(いきみ)天満宮のお祭り。小学校も午前中で授業が終わり、天満宮の境内はこどもたちで大賑わい!雷除け(道真公だから・・・)のぜんざいのふるまいがあって、私も頂いてきました。大きなおもちが入っていてとても美味しかったです!f0135222_049553.jpg








旧街道の面影が残る本町と新町の商店街では、まちなか再発見!「そのべ本陣・春」が開催されていて、やはり大人とこどもでいっぱい!神楽やお稚児さんの行列や獅子舞や神輿・・・次から次へとにぎやかに旧街道を通っていきました。元本陣の小林酒店さんでは紙芝居が行われて、建物の雰囲気ととても合っていました。旧街道と紙芝居・・・ぴったりですね!終わってから駄菓子が配られて、こどもたち大喜びでした。
私は、参勤交代の頃からあるという旅館、合羽屋さんで絵本の読み語りをさせて頂きました。f0135222_0501831.jpgたくさんの親子の皆さんが来てくださり、とても楽しかったです~!でも、こどもたちの元気に負けまいとがんばって・・・ちょっと疲れました。(お祭りで遊びすぎたせい?)いや~心地よい疲れです。今夜はぐっすり眠れそう・・・。とても楽しい一日でした。園部の皆さんありがとうございました!またぜひ遊びに行きたいです!
[PR]
by kira_hoshi | 2009-05-01 23:56 | 朗読のご報告