<   2007年 04月 ( 22 )   > この月の画像一覧

ふたたびゴールデンな休日

f0135222_2128290.jpg
三連休のしめくくりはこれ!京都は東山、如意ヶ岳(大文字山)登山!!
銀閣寺からの登山道は人が多いのですが、日向大神宮や南禅寺から登るとけっこうひっそりとしています。このコースで行くと、先に如意ヶ岳山頂に着き、そこから少し下って五山の送り火の大の字の上に出ます。ここからの眺めの爽快なこと!京都市街が眼下に広がりほんとに気持ちがいいです。下山はいつも、大の字をそのまま下るコースをとるのですが、これがまたいい気分!風を受けながら小さな階段を駆け下りていくと、ふわっと体が浮いて空を飛べそう・・・。そうそう私、学生時代にハンググライダーをやっていたのですが、機体を背負ってランチャー台を駆けて行く気分とまさに同じ!ああ、翼があったらなあ・・・。せめて写真で鳥の気分を味わってくださ~い!
[PR]
by kira_hoshi | 2007-04-30 21:23 | 京都

風の又三郎 第2弾!

f0135222_2134413.jpg「風の又三郎」第2弾のちらしも出来上がりました。
7月19日(木)京都芸術センターの第1弾に続いて、こちらは8月4日(土)京都こども文化会館(エンゼルハウス)で開催します!語り/星野祐美子と音(エレピ)/小松正史の即興的なコラボレーションにみなさんも参加して頂く公演です!
当日午前に小中学生対象の「風の又三郎になるワークショップ」があり、参加者は本番の一部分に出演。宮沢賢治の「風の又三郎」をアレンジして、こどもたちや観客のみなさんとこの日この時限りの「風の又三郎」を一緒に創りたいと思っています。思いがけず2バージョン続くことになりましたが、今年の夏は「どっどど どどうど」と又三郎の風を吹かせたいと思いま~す!
どちらの公演も詳しくは朗読ユニットmes amis(メザミ)にお問い合わせください。
[PR]
by kira_hoshi | 2007-04-29 19:31 | ニュース

ゴールデンな休日

f0135222_20511886.jpg連休の京都は観光の人や車でいっぱい。住人にとっては、出るのも入るのも一苦労。いっそ京都から遠くに逃亡(笑)できればいいのですが、連休こそ仕事があったりしてそれもなかなかままならず・・・日帰りの小旅行を楽しむことにしています。そこで今日は、滋賀県近江八幡市に行って来ました。
f0135222_20503790.jpg









仕事で何度か訪れているのですが、近江商人の風格ある屋敷があるかと思えば、ヴォーリズの洋館も残っていて、なんだか昔にタイムスリップしたような気分になる町
です。


f0135222_20481156.jpg琵琶湖から続いている水郷は、八幡堀となって町の中を巡り、時代劇のロケによく使われています。ロープウェーで八幡山に登ると、田園と瓦屋根の住宅と琵琶湖が臨め、なんて美しいところなのだろうと思いました。あいにくのお天気だったのですが、雨もまたよし。新緑と石畳が水にぬれている様に、心が潤いました。連休初日にもかかわらず、人ごみに悩まされることもなく、静かな散策の時間をたっぷり満喫しました~!今日一日で、三連休分くらいの価値があったみたい。なんてお得!これこそ、ほんとのゴールデンな休日かも。(笑)
[PR]
by kira_hoshi | 2007-04-28 17:14 | その他

富士山頂からの眺め

f0135222_23533946.jpg大河ドラマの幕開け・・・ではありません。
富士山・・・近江富士といわれる滋賀県野洲市の三上山の山頂から琵琶湖を眺めた風景です。
全国には○○富士がたくさんありますね。私はこの他、薩摩富士(開聞岳)に登ったことがあります。本家の富士山には2回登りました。(笑)
今までの人生で、富士山と海がセットで見える場所に住んだ時期が長いので、京都に暮らし始めた頃は富士山と海が恋しくて・・・。でも今、富士山は東山や比叡山に・・・海は鴨川や琵琶湖になってきたような気がします。他所から京都に帰ってきた時、こういう風景にふと和まされることがありますから。これは、私も京都人になってきたということでしょうか?(三代住んで京都人だそうですから、まだまだ・・・笑)
[PR]
by kira_hoshi | 2007-04-26 21:28 | その他

もこもこ

f0135222_23355565.jpg
東山も、遠くから眺めてもみどりがもこもこしてきました。
そう言えば、しばらく如意が岳(大文字山)に登っていません。これからハイキングに良い季節、ぜひ行かなくっちゃ。
[PR]
by kira_hoshi | 2007-04-23 20:50 | 京都

ほっとひといき・・・

f0135222_21112623.jpgしばらく心身ともに忙殺されていました。まさに“心を亡くす”とはこのことか・・・。
そんな時、私は鴨川の水と緑にいやされます。やっと新緑が進んできて、明るい緑が目に爽やか。水の流れも、川を渡る風も、ほんとうに気持ちがいいです。
ほっとして、ぼーっとして、ぼーっとして・・・亡くした心、取り戻そうっと。(笑)
[PR]
by kira_hoshi | 2007-04-22 20:05 | 京都

新緑がまぶしい季節

ソメイヨシノが散ると、いよいよ新緑の季節。
京都市内はぐるっと山に囲まれているので、新芽が芽吹くとがらっと雰囲気が変わります。
なんだか、ほんとに「山笑う」って感じ。冬、雪が積もると、標高の高い雪山のように見える比叡山も、「わっはっは」って大笑いしているみたい。見ているこちらも、思わずにっこりしたくなります。でも、今年は新緑の勢いがいまひとつ。桜もじっくり時間をかけて咲きましたが、新緑もゆっくりのようですね。私もあわてんぼうを返上してゆっくりゆっくり・・・(しなくちゃ・笑)。
[PR]
by kira_hoshi | 2007-04-19 23:21 | 京都

高村光太郎「智恵子抄」

今年2月の朗読お茶会で「智恵子抄」を読んだ。
智恵子と光太郎のストーリーになるように、詩を10編ほど。
中でも、「あなたはだんだんきれいになる」は、好きな詩のひとつ。一緒に暮らして12年、42歳の智恵子に光太郎が書いた詩だが、なんてすてきなラブレターだろう。でも、その詩の背景に智恵子の病の始まりがあったというのは、とてもせつない。
「あどけない話」「樹下の二人」「レモン哀歌」・・・学生の頃、読んだ記憶だけはあるが、10代や20代の頃はどんな風に感じていたのだっけ。「せつない」という気持ちを持っただろうか。

智恵子が亡くなってからの詩に「案内」がある。光太郎が、岩手県花巻市の太田で7年間一人暮らしをした時に、自分の住まいや周囲の様子を智恵子に語りかけている詩。去年、太田の高村山荘を訪ねたので、詩を読むと風景が浮かんでくる。人里から離れた、小さな森の中の小さな小屋・・・。さぞ寂しい生活だったろうと思うが、光太郎は一人で暮らしながらいつも智恵子と一緒だったのだろう。
今ごろは、北国の山里にも遅い春がやってきているだろうか。
[PR]
by kira_hoshi | 2007-04-18 22:17 | 本を読む

無事、生まれました!

初めてのことなので、本当に期待と不安で胸がいっぱいでしたが、みなさんのおかげで無事、生まれました!私の本「今日のおはなし はじまり はじまり~ 読み聞かせをする人へ」(あいり出版)が・・・(笑)
予定通り、4月1日エイプリールフールに発刊しましたが、早々にご注文くださったのになかなかお手元に届かず、「やはりエイプリールフールのうそだったのでは・・・」と不安になった方もいらっしゃったかもしれません。ご迷惑おかけしてすみません。私も、初めての経験に、一体何が起きるのかとドキドキでした。
みなさんからの感想第1声は、「あっという間に読みました」でした。四六版の150ページ足らずのエッセイのような軽い本ですから、すぐ読めます(笑)。自分の読み語り活動やライフワークの宮沢賢治のこと、アナウンサーとして仕事をしながら「言葉」について思うことなど・・・いろいろ書きました。村上佳子さんのイラストや写真もたくさん掲載しましたので、楽しくページをめくって頂けると思います。お近くの本屋さんはもちろん、ネットでもご注文頂けますので、もしよろしかったらぜひ・・・!
生まれたばかりの我が子ですが、どうかみなさんの家でかわいがってくださいな!
[PR]
by kira_hoshi | 2007-04-17 20:21 | その他

嵯峨嵐山の静かなひととき


f0135222_19245651.jpg嵐山の桜はもう散っていますが、渡月橋のあたりは朝からすごい人・・・。
でも、仕事帰りに夕方、ふと散策してみたら意外に静かでびっくりしました。
向井去来の閑居跡、落柿舎の付近もひっそりして、畑のレンゲもほっとしているみたい。
私も、風を胸いっぱい吸ってリフレッシュしました。さあ、明日からもがんばるぞ~!
[PR]
by kira_hoshi | 2007-04-15 18:41 | 京都