「ほっ」と。キャンペーン

<   2007年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧

京都の魅力

京都の魅力は何でしょう?
神社仏閣、歴史、自然・・・はたまた食や文化、伝統産業・・・。
数え上げればきりがありません。でも私が魅かれるのは、人の暮らし。
京都で暮らす人々の中に息づく京都にとても魅力を感じます。
それは独特の季節や時の感じ方、京都ならではの慣習・・・目には見えない部分なのですが、それに触れた時「これが京都だなあ・・・」と思います。
ところで、京町家がブームになっていますが、京都の建物は洋館もすてき!重要文化財になっているものもたくさんあります。そして、それがまだ使われている・・・というのが素晴らしい。
京都府の府庁の旧本館も、明治時代の建物で重要文化財に指定されていますが、ここで今も普通に府庁のみなさんが仕事をしています。中庭は植治の庭、それを囲む廊下は天井がアーチ型で・・・お役所ということを忘れてしまいそう。昔の知事室などとてもレトロですてきです。
そんな旧本館で、今、秋の一般公開が行われています。源氏物語千年紀にちなんだ展示やイベントが盛りだくさんで、私もイベントに出演します!この週末京都にお越しになるみなさん、神社やお寺以外の京都も楽しんでくださ~い!

「京都府庁旧本館 秋の一般公開」 11月4日までいろいろなイベントがあります!

☆11月3日(土)午後3時半~4時半 「言葉と音色の響き ~源氏物語~」
  朗読/星野祐美子  尺八/岩本みち子  箏/林比路子
[PR]
by kira_hoshi | 2007-10-30 22:48 | 京都

「宮沢賢治の時間」3回目

先週、久しぶりに賢治の物語を読みに小学校へ行ってきました。
1年間、同じ小学校の6年生に賢治の物語に触れてもらう試みで、今回が3回目。
前期に「注文の多い料理店」と「風の又三郎」を読み、夏休みを挟んで少しご無沙汰してしまいました。久しぶりに会ったみんなは、少しずつ大きくなったようで、なんだか私が小さくなったみたいな気が・・・(泣)。
今回は、「よだかの星」に龍笛や笙といった雅楽器の音色を交えて読みました。
演奏は、私がいつもお世話になっている竹若佳代子さん。よだかの悲しげな鳴き声や空を登り続ける様子を、笛や笙で表現してくださいました。私にとっては、まるでよだかの姿が目に浮かぶようだったのですが・・・6年生のみんなはどうだったかな???
次回は何を読もうか・・・と楽しみにしています。
[PR]
by kira_hoshi | 2007-10-29 19:03 | 宮沢賢治

京都府は広い!

f0135222_23514963.jpg学生時代から一人旅大好きな私・・・。仕事であちこち行ける今の暮らしは性に合っているようです。思えば、関西で仕事を始めてから旅取材ものが多く、近畿各地を仕事で訪ねながら頭の中の白地図がだんだん埋まって行ったみたい・・・。方向音痴は直らないのですが(笑)、私オリジナルのガイドブックがこの11年間で心の中に出来上がりました。
京都府北部も、以前川の取材で結構訪ねました。北部と言えば、天橋立、伊根の舟屋・・・天女の羽衣や浦島太郎、山椒太夫などの伝説や物語・・・また京都市内とは違った魅力がたっぷり。
その上、日本海と丹後の山々・・・自然も大きくて美しいです。
先日、宮津で仕事があった折に、カトリック宮津教会を訪ねてみました。現役の聖堂としては、日本で一番古いという聖堂は、木の柱に畳でとても心が落ち着きました。町の静かな佇まいもとてもよかったです。また、心の中のガイドブックに入れておこ~っと!(笑)
[PR]
by kira_hoshi | 2007-10-28 23:52 | 京都

野外ステージはいい気持ち!

f0135222_23553080.jpg赤れんが音楽祭の写真を送って頂きました。
バックはレンガの建物!ステージに出ている時は気がつきませんでした。
こうして見ると、ほんとにすてき!ロケーションばっちりです。
野外ステージは今回が3回目ですが、音楽と違って朗読は野外でお客さんの集中を保つことが難しいなあ・・・と感じています。私だって、おいしそうなにおいがしてきたらそっちに行ってしまいますもの!(そればかりじゃないけど)
でも、ステージに立つ方は、気持ちがいいのです。
今回も、風の音を感じながら、青空を見ながら・・・とてもここちよかったです。
これが野外の醍醐味!そういえば、昔、滋賀県永源寺の紅葉祭のステージで「葉っぱのフレディ」を読んだ時は、目の前の山が山頂から雪・紅葉・緑の三段紅葉になっていてものすごく感動しましたっけ・・・。
また、野外に挑戦してみたいです!
[PR]
by kira_hoshi | 2007-10-23 23:52 | 朗読のご報告

「セロ弾きのゴーシュ」

f0135222_2082188.jpg「セロ弾きのゴーシュ」、無事終わりました。
20日は京都市教育委員会の図書イベント、21日は舞鶴市の赤れんがフェスタの音楽祭というすばらしい機会を頂き、ほんとうに幸せなことです。
図書イベント出演は、推薦してくださった先生方のお力添えがあってのこと。たくさんの方々のお力に感謝しています。
また、舞鶴は8月に初めて訪れた時にレンガ倉庫に魅かれて・・・その思いが今回叶いました。
ここでも暖かいご縁ができて、とってもうれしいです。
チェロの三宅さんとの息もぴったりで、やればやるほど楽しくなってきました。
そして、「こんなふうにしよう、ああしてみよう」と、舞鶴で一夜を過ごしながら楽しい課題を二人でたくさん話し合いました。
ですから、まだまだこれからが楽しみ!どんなふうになるのかな~。
三宅さんいわく「ゴーシュが動物たちに注意されることはまさにチェロ奏者の課題」だそうで、やはり賢治自身がチェロを弾いていたからこその物語なんですね。
なんだか、だんだん三宅さんがゴーシュさんに見えてきました!?
[PR]
by kira_hoshi | 2007-10-22 20:02 | 朗読のご報告

京都人の行動

あんまり秋晴れが気持ちよいので、バスで5分の場所まで15分歩くことにしました。
上空ではとんびが歌い、さわやかな風が吹き、なんともよい日です。
でも、いろいろと気になることを考えながら歩いていたので、余裕のない顔をしていたかも。
そんな時、偶然、知り合いとばったり出会いました。めったに会わないのに、なぜかよく偶然会う友人で、例えれば・・・綿菓子のような人、ふわっと人を包む込むおおらかさと純真な心を持った人です。聞けば彼女も、あまり天気がよいので目的地に直行せずに歩いている途中とか・・・。
京都に住んでいると同じようなことを考える人がいて面白いです。京都って、合理的でないことをしてみたくなるんですよね。で、その過程を楽しみたくなる。これこそ、人生を楽しむってことなのかも。
仕事を終えて帰り道に見た空は、秋のほんわりした夕暮れでした。
f0135222_2345228.jpg

[PR]
by kira_hoshi | 2007-10-18 23:41 | 京都

毎日が運動会!?

秋晴れの気持ちよい空の下・・・私は運動会のような忙しい生活を送っています(笑)。
今日は障害物競走、明日はパン食い競争・・・と毎日が真剣(?)勝負!頭の中でいつも「天国と地獄」の音楽が聞こえているような気がしますが、なんとかがんばって乗り切りたいと思います!

ところで、今月20日(土)~11月4日(日)まで、京都府庁で「おこしやす京都へ 京都府庁旧本館 秋の一般公開」が行われますが、その中でイベントに出演させていただくことになりました。
今年は源氏物語千年紀を記念して、源氏物語関連の音楽や朗読、展示がたくさんあります。
期間中は、イベントを楽しむとともに明治時代に建てられた重要文化財の旧本館の重厚な雰囲気をたっぷり味わってくださ~い!
私が出演するのは以下の日時です。場所は京都府庁旧本館の正庁です。
ぜひいらしてくださいね!

★11月3日(土)午後3時半~4時半  「言葉と音色の響き ~源氏物語~」
  朗読/星野祐美子   尺八/岩本みち子   箏/林比路子
[PR]
by kira_hoshi | 2007-10-17 22:23 | 朗読のお知らせ

時間が止まった?

10月の「朗読お茶会」、昨日無事終了しました。
たくさんの方々にご来場頂きありがとうございました!
今回は、仕事が立て込んでバタバタと目まぐるしい中、当日を迎えてしまい、「こんな時にやってはいけないなあ・・・」と反省しながらの開催だったのですが、なんと、不思議な体験をしました。
町家に入った途端、時間の流れがゆっくりなのです。一階では、帯や着物の販売をしていらっしゃったのですが、その皆さんとおしゃべりしているうちにほのぼのしてきて・・・。
ポットに化粧水(小野小町のいわれのある名水)を入れて沸かし、沸騰する音に安らぎを感じ・・・。お客様とお話しながらほっとし・・・。
気がついたら、なんだか時間が止まっているようでした。
テーマが「昔話の世界」だったのでなおさらかも。そして、特に岩手県遠野の民話は、私を遠くに連れて行ってくれるような気がしました。

そして私の時間は、昨夜布団に入るまで止まったまま・・・。夢も見ずにぐっすり眠りました。
でも・・・一夜明ければ・・・またバタバタです。それも、なんだか速度がアップしたみたい。
やっぱり時間は止まったままではいてくれないのかな?(笑)
[PR]
by kira_hoshi | 2007-10-15 20:23 | 朗読のご報告

朗読お茶会VOL31

みなさ~ん!
先月の朗読お茶会はたくさんの方にお越し頂きありがとうございました!
今月は、14日、今度の日曜で~す!
昔話をたくさん読もうと思っているのですが、中でも岩手県遠野の民話は地元に伝わる語り口でお届けしようと思っております。うまくできるかな???
私、なんだか忙しくてバタバタしていますが、遠野の民話を読むとなんだか時間が止まったような気がしてくるから不思議です。
聴いてくださるみなさんの時間も・・・止まるかな???
ご来場お待ちしていま~す!

四条京町家「朗読お茶会」VOL31
10月14日(日)
   1時~2時  親子の時間
   2時~3時  大人の時間
入場料 大人500円(小学生以下無料)
[PR]
by kira_hoshi | 2007-10-12 21:06 | ニュース

小さい秋み~つけた

金子みすゞの詩の「もくせい」は、御門のところで風が入ろうかやめようかと相談しているのでしたが・・・我が家の近くの金木犀は・・・?
雨あがりのしめった風の中に、突然甘い香りがしてきたので咲いていることに気づきました。
もう、秋ですね~!
これから紅葉が終わるまで美しい季節ですが・・・なんだか忙しくて目が回っています!
季節の移り変わりを楽しみたいとは思うのですが・・・毎年ダイジェストになってしまって(笑)。
今年は、京都の秋の風情をブログでお届けできるようがんばりますね!
f0135222_2037416.jpg



「もくせい」   金子みすゞ

もくせいのにおいが
庭いっぱい。

表の風が、
御門のとこで、
はいろか、やめよか、
相談してた。
[PR]
by kira_hoshi | 2007-10-09 17:43 | その他